株価
(写真=Thinkstock/Getty Images)

7月13日の東京株式市場の日経平均株価は、前日比309円94銭高の2万0089円77銭で終え、大幅反発した。2万円台を回復するのは4営業日ぶり。

ギリシャの債務問題をめぐる協議は続いているものの、ギリシャがEU側に歩み寄りの姿勢を見せたことなどから、先行きに対する警戒感が和らいだとみられる。中国株式市場が上昇したことも影響した。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
auに通信障害、全国で携帯メール不具合
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ソニー銀行、カードローンを4年ぶり再開
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る