アルゴナビス (写真=Thinkstock/Getty Images)

本当に結局ギリシャだ中国だと大騒ぎしたのは何だったのかと言う感じです。損失確定の売りをした人などは「なんだよーっ!」という感じでしょう。これだけ情報が多い時代になってくると、いろいろな情報が入りそうでいて案外入らないということではないかと思います。マスコミなどで大きな声で言われるとどうしてもそちらに流されてしまうということでしょう。

ツイッターやLINEなどでも様々な情報が飛び交っていますが、本当に有益な情報がどれだけあるのでしょう。今回の件でも結果論ではなく、ギリシャや中国はほとんど影響はないと冷静に考えていた人が結局はうまく行ったということであり、目先の値動きや情報に振り回されてしまった人も多いのではないかと思います。

欧米株が大きく上昇、為替が円安に振れたことや夜間取引やシカゴ市場(CME)で日経平均先物が大きく買われたことから本日の日本市場も買い先行となりそうです。先週の大きな下落からの戻り相場が続くということであり、売られすぎた銘柄などから買い直されて来そうです。足元の業績が好調とされるものなども散見され、買いを集めそうです。

20,000円台固めと言うよりは一気に戻りを試す動きになりそうです。さすがに20,500円~600円水準まで一気に戻すようであればいったん利益確定売りに押されて上値も重くなりそうですが、決算発表が注目されるところで好調な決算が多くなれば一気に高値を試す動きも出て来るのではないかと思います。


本日の投資戦略

結局は欧米市場でもギリシャや中国は関係なかったという感じになって来ました。中国の影響などを気にする向きもまだ多いようですが、世間で騒いでいるほど中国の株価自体も下がったわけでもないですし、特に訪日外国人需要などに影響があるとおもえず、引き続き日本市場自体も堅調な地合いが続くと思われます。

米国の利上げの影響は懸念されるものの、日欧の資金供給などから世界的な金余りと言うことには変わりなさそうです。日銀の金融政策決定会合も特に何もかわらないのでしょうが、買い戻しを急ぐ動きもあるのかもしれません。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【関連記事】
日米の株高に警鐘を鳴らす「バフェット指標」とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
「そのつもりはなかった」では済まされない経営陣の圧力…東芝の内部統制
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る