アルゴナビス (写真=Thinkstock/Getty Images)

異常に暑い日が続いています。会う人皆「暑いですねーっ!」と言う挨拶になっている感じです。株式相場も熱いのですが、最近ではおかげさまで諸々協業の話も、取材も多くなっています。

結局ギリシャも中国も「どーってことはなかった」のですが、株価はまだまだ戻り切っていないものが多く見られます。業績好調ながらもギリシャだ中国だと言って売られたものなどは買戻しや買い直しの動きが出て来るものと思います。まだまだ疑心暗鬼なのでしょうが疑心暗鬼なうちが買い場と言うことかもしれません。

米国株高を受けて堅調な展開が期待されます。為替は落ち着いてきており、急激な戻りが続いており、上値も重くなりそうですがシカゴ市場(CME)や夜間取引の日経平均先物も堅調となっており、買い先行で始まりそうです。日銀の金融政策決定会合の結果が発表されますが、特に変わらないからと言って失望売りも出ないと思います。逆に何等かの好材料でも見られると買い急ぐ動きも出て来そうです。主力銘柄で出遅れ感があるものが物色されそうです。

20,400円水準でいったん上値も重くなりましたが、20,400円~600円水準での動きとなりそうです。20,500円を挟んだ水準が節目となっており、いったん過熱感を冷ますような展開となりそうです。21,000円を目指す動きは20,400円~600円水準で値固めしてからと言うことになりそうです。


本日の投資戦略

ギリシャも中国も特に話題にならず、米国株も堅調、日本株も堅調な展開となっています。業績面からの見直しと言うよりは売られたものから買い直されるという感じで、先週の急落が「なかったもの」となりつつある感じです。

いつも、大きな流れを見てという事を述べていますが、ギリシャや中国のこともそうですが、目先の話題を作りたいような向きに何も追随することもなく、「一過性の問題かどうか」「影響が本当に大きいのかどうか」などをしっかりと見極める必要があるということでしょう。本日は日銀の金融政策決定会合の結果が発表されますが、これもまた、話題になり易いということなのですが、基調はまだまだ金融緩和が継続するということには違いありません。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【関連記事】
日米の株高に警鐘を鳴らす「バフェット指標」とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
注目を集める「PEファンド」とはなに?
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る