アルゴナビス (写真=Thinkstock/Getty Images)

株式市場も引き続き堅調な展開となっており、高値更新も期待されてきそうです。ただ、相変わらず夜間取引主導という感じであり、日中は手仕舞い売りも嵩んで指数は小動きとなりそうです。売られ過ぎたものの修正は引き続き行われるのでしょうし、ここからは素直に決算の良し悪しに反応することになりそうです。想定された以上の決算、そして以下の決算には敏感な反応となり、連れて指数も右往左往する場面も出て来るのではないかと思います。

米国株高や円安、シカゴ市場(CME)や夜間取引の日経平均先物が堅調となったことから本日の日本市場は買い先行となりそうです。ユーロに対しては円高が進んだのですが、影響は限られそうです。大きく上昇したところでの週末と言うことで手仕舞い売りも嵩んで来るのでしょうが、特に売り急ぐような材料があるということでもなく、買戻しを急ぐ動きなどがあれば、さらに上値を試すことになるのでしょう。出遅れ感がある主力銘柄や円安メリット銘柄などが買い直されるのではないかと思います。

節目と見られる20,600円水準を抜けてくるかどうかというところです。20,600円台になるとさすがに手仕舞い売りも嵩んでくるものと思われ、20,400円~600円水準での値固めとなってくるのではないかと思われます。20,700円台になると買い急ぐ動きもあるのかもしれませんが、買い急ぐ動きが一巡となるといったん手仕舞い売りに押されそうです。


本日の投資戦略

ここまでいったん下落した要因が海外要因であったこともあるのですが、夜間取引の日経平均先物が相場をけん引する動きが続いています。「夜の間に相場が作られる」という感じで、夜間取引で戻り高値を更新して日中の取引では追随するだけという感じです。昨年12月の「異様な上昇」となった時も同じような感じでしたが、指数先行型の上昇ということです。

本日も週末と言うことで日中は買い先行となるものの上値も限られるということなのだと思います。20,400円~600円水準での値固めとなるか、20,800円水準を試す動きになるか、いずれにしても売り急ぐ材料もなく、値持ちの良い堅調な展開が続くのだと思います。ギリシャ懸念や中国懸念で弱気になってしまった向きが再度強気になったところがいったんは「天井」となるのでしょう。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【関連記事】
サントリー「超高級ビール」はなぜ人気なのか?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
ホンダ シビックタイプRで狙う高級路線の「勝算」
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る