imasia_12423831_S
(写真=PIXTA)


4-6月期は前期比+0.3%

2015年4-6月期の実質GDP成長率(1)は前期比(季節調整済)+0.3%と、前期の同+0.8%から低下し、Bloomberg調査の市場予想(同+0.4%)を僅かに下回った(図表1)。また前年同期比では+2.2%と前期の同+2.5%を下回った(図表2)(2)。

需要項目別に見ると、民間消費の減少と投資の伸び悩みが成長率の低下に繋がったことが分かる。

消費については、民間消費が前期比▲0.3%(前期:同+0.6%)と半耐久財やサービス消費を中心にマイナスに転じ、政府支出は前期比+0.7%(前期:同+0.2%)と上昇した。投資は前期比+1.0%(前期:同▲4.0%)と建設投資の伸び悩みと設備投資の低迷を受けて鈍化した。

純輸出については、輸出が前期比+0.1%(前期:同+0.1%)とサービス輸出の悪化によって停滞し、輸入が前期比+0.5%(前期:同+0.6%)と拡大傾向が続いた。結果として、純輸出の成長率への寄与度は▲0.2%(前期:同▲0.2%)と4期連続のマイナスとなった。

供給項目別では、全体の約6割を占めるサービス業が前期比+0.1%(前期:同+0.9%)と中東呼吸器症候群(MERS:MiddleEastRespiratorySyndrome)感染拡大の影響で卸小売・宿泊飲食業、運輸業、健康・社会福祉、娯楽・その他サービス業を中心に鈍化した。

また農林水産業は前期比▲11.1%(前期:同+3.4%)と干ばつ被害を受けて大きく悪化し、建設業は前期比+0.4%(前期:同+2.0%)と伸び悩んだ。一方、製造業は前期比+0.8%(前期:同+0.4%)と携帯電話や自動車を中心に改善し、電気・ガス・水道業は前期比+0.0%(前期:同▲3.5%)と回復した。

韓国の実質GDP成長率