衛生用品
(写真=Thinkstock/Getty Images)

花王 <4452> は7月24日、2015年1~6月期の業績予想を修正すると発表した。連結純利益は前年同期比7%増の340億円になる見通し。今年4月に公表した従来予想は18%減の260億円だった。

売上高は4%増の6952億円に下方修正、従来予想は5%増の7000億円だった。営業利益は22%増の601億円に上方修正し、従来予想は1%増の500億円だった。

全体の売り上げは下がったが、紙おむつや生理用品、入浴剤、オーラルケア製品などを扱う国内ヒューマンヘルスケア事業が好調だったほか、アジアのコンシューマープロダクツ事業の増収効果で、増益となった。広告などマーケティング費用の発生が7~9月期以降にずれ込む影響もある。

16年12月期通期の業績予想は前回発表値で据え置いた。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
JR西日本、山陽新幹線でエヴァンゲリオンプロジェクト
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
年金情報流出!あなたの情報を守る「予防医療」とは?
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る