ゲームアプリ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ディー・エヌ・エー <2432> は27日、2016年3月期第1四半期(15年4~6月)の連結業績予想を上方修正した。売り上げは当初予想に比べて増減なかったが、四半期利益は81%の大幅増加見込みとなった。

主力の国内ゲーム事業が想定をやや上回って推移し、野球など他の国内事業も計画以上の進捗をみた。半面、海外は中国で未達となったため、売り上げは増減なしの377億円で着地する見込み。

営業利益については、欧米の体制、ポートフォリオ見直しが計画通りに進捗、販促費・広告費を適切にコントロールした結果、当初予想比17.6%増の40億円。四半期利益は円安の影響もあって同81.8%増の20億円を見込んでいる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
三菱UFJ国際投信が「アジアリート戦略オープン」を設定
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
年金情報流出!あなたの情報を守る「予防医療」とは?
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る