forex
(写真=Thinkstock/Getty Images)

GMOインターネット <9449> グループのGMOクリック証券のFX取引高が世界最高を、第2四半期に記録した。GMOクリック証券が7月30日、Finance Magnates 誌の「Q2 Report 2015」でFX取引高が第1位になったと公表し、明らかになった。

Finance Magnates 誌は、2009年にFXの専門家であるマイケル・グリーンバーグ氏が創刊した、FXビジネス関係者のための電子雑誌で、世界のFX関連ニュース、業者動向、取材記事、独自調査報告書などを提供している。

発表によれば、GMOクリック証券は、2012年、2013年、2014年の3年連続で、年間FX取引高(売買代金)世界第1位を記録してきているとのことだ。

加えて、同社は、「多様なニーズにも応え、総合的な金融サービスを提供できるよう取扱商品の充実に取り組む。さらに、より使いやすく、より利便性の高い最先端の取引システムと革新的なサービスを提供するために邁進する」としている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
年金情報流出!あなたの情報を守る「予防医療」とは?
過去最大級の時価総額10兆円超?日本郵政3社の上場(IPO)に迫る