ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
ニュース
Fisco
Written by ZUU online編集部 44,425記事

早稲田アカデミー—16年3月期第1四半期売上高4.8%増、予算通り順調に進捗

早稲田アカデミー<4718>は29日、2016年3月期第1四半期(15年4-6月)決算を発表。売上高が37.25億円(前年同期比4.8%増)、営業損失が5.63億円(前年同期より0.58億円改善)、経常損失が5.71億円(前年同期より0.60億円改善)、四半期純損失が4.07億円(前年同期より0.25億円改善)だった。

同社グループの四半期業績の特徴として、収益の大半を占める教育関連事業において、第1四半期は塾生数が少なく、また夏期合宿や正月特訓等のイベントも開催されないため、売上高は他の四半期と比較して少なくなる。地代家賃・人件費等の固定的費用が期首から発生することにより、第1四半期の収益性は他の四半期と比較して低く、例年、損失を計上する傾向にある。そのため、損失計上となってはいるが、その損失額は前年を下回っており、売上・利益ともに概ね年度予算どおり順調に推移している。

16年3月期通期については、売上高が前期比4.9%増の203.98億円、営業利益が同16.8%増の8.84億円、経常利益が同21.4%増の8.90億円、純利益が同20.3%増の5.05億円とする期初計画を据え置いている。

<SF>

早稲田アカデミー—16年3月期第1四半期売上高4.8%増、予算通り順調に進捗
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 早稲田アカデミー---進学塾「水戸アカデミー」を子会社化
NEXT 第2四半期のFX取引高でGMOクリック証券が世界最高を記録