アルゴナビス (写真=Thinkstock/Getty Images)

米国市場もダウ平均は軟調ですが、ナスダック指数は高く、堅調な地合いとなっています。やはり、ここのところの調整感=下落は米FOMC(公開市場員会)への警戒、米国利上げへの警戒からの手仕舞い売りが中心と言うことだったのでしょう。ここからも主要な米経済指標の発表が相次ぐので、そうした経済指標の動向などに振らされそうです。ただ、日本では好決算を発表するものも多く、好決算ながらも売られた銘柄などをしっかりと拾っておけば良いのだと思います。

米国株は冴えない展開でしたが、シカゴ市場(CME)の日経平均先物は高く、本日の日本市場は堅調な展開が期待されます。週末の手仕舞い売り、月末のお化粧買い期待と目先の需給の強弱感も対立するところですし、決算動向への反応もあるのですが、中国株を気にする動きも少なくなっており、基調は強含みではないかと思います。

20,500円水準をしっかり超えて来た感じですが、20,600円水準が抜け切れません。本日もまだ20,600円水準が重くなりそうですし、逆に20,400円水準では底堅さが見られそうです。目先の需給次第ではあるのですが、20,400円~600円水準が中心での保ち合いとなりそうです。


本日の投資戦略

中国株の影響も薄れてきており、堅調な地合いが続きそうです。米国でも利上げ懸念は残るものの一服となっており、足元の業績動向に一喜一憂する動きとなりそうです。比較的先行きに対して慎重な見方となっているのですが、慎重すぎて売りで反応してしまった銘柄の戻りは期待できそうです。

好決算ながらも売られる銘柄が依然として多いのですが特に問題はないと思います。中国景気の鈍化を気にする向きも多いようですが、騒ぎの割には世界経済への影響も少ないものと思われ、中国懸念で売られた銘柄などは買い戻しや買い直しも見られそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【関連記事】
ソニー復活の兆し?「切り札」画像センサーに吹く「追い風」
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
第2四半期のFX取引高でGMOが世界最高を記録
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る