imasia_15216248_S
(写真=PIXTA)

3月期決算企業の第1四半期決算がスタートし決算発表が今週から本格化しています。こうしたなか昨日は29日までの決算を集計しましたが、今回は昨日の決算をTOPIX500採用の3月期決算銘柄を対象に早速まとめてみました。

第1四半期決算ということもあって業績予想を修正する企業は少なく、昨日もTOPIX500採用銘柄でみると上方修正は3社、下方修正は2社に止まりました。

業績予想を下方修正した銘柄ではヒロセ電機 <6806> が大きく下落する一方で、JFEホールディングス <5411> は株価が大きく調整していたこともあって大きく反発しました。

そして上方修正に踏み切った銘柄ではヤマハ <7951> の上昇が目立っています。そのほか業績予想を据え置いた銘柄では、第1四半期の実績が好感され富士フィルムホールディングス <4901> やオリックス <8591> などが買われ、反対に第1四半期が減益となった三菱電機 <6503> やオリエンタルランド <4661> などが売られています。

決算集計7-30発表分1

営業利益1

営業利益2

営業利益3

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク】
カルフォルニア土産 その1
利上げはいつか?~FOMCの変化とは~
FOMC次第だが、概ね順調に推移する決算から依然強気
中国株 一進一退か 中国製造業PMIや企業決算に注目
米FOMCや米GDPで利上げ観測強まるか