imasia_10275180_S
(写真=PIXTA)


結果の概要:個人消費支出は前月から伸びが鈍化

8月3日、米商務省の経済分析局(BEA)は6月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は、前月比+0.4%(前月改定値:+0.4%)となり、前月と同水準、市場予想(Bloomberg集計の中央値、以下同様)の+0.3%は上回った。

一方、個人消費支出(名目値)は、前月比+0.2%(前月改定値:+0.7%)と、市場予想の+0.2%には一致したものの、前月から伸びが大幅に鈍化した。

個人所得・消費支出、貯蓄率

また、価格変動の影響を除いた実質個人消費支出も、前月比▲0.02%(前月改定値:+0.4%)となり、市場の横這い予想に概ね一致したものの、僅かながらマイナスに転じた。貯蓄率1は4.8%(前月改定値:4.6%)と前月から0.2%ポイント上昇した。

価格指数は、総合指数が前月比+0.2%(前月:+0.3%)と市場予想(+0.2%)に一致したものの、前月から低下した。また、変動の大きい食料品・エネルギーを除いたコア指数は、前月比+0.1%(前月+0.1%)と、こちらは前月および市場予想(+0.1%)に一致した(図表6)。

なお、前年同月比では、総合指数が+0.3%(前月:+0.2%)、コア指数が+1.3%(前月改定値:+1.3%)となった。


結果の評価:消費の伸びは鈍化

6月の個人消費支出(前月比)は、15年2月以来の低調な伸びに留まった。前月が非常に高かっただけにその反動がでたとみられるが、5月も+0.9%から+0.7%に下方修正されており、消費のモメンタムは強くない。

一方、個人所得は前月の底堅い伸びが持続しており、貯蓄率は、前月から小幅上昇に転じた。このため、所得との対比で消費は余力を残した形となった。

価格指数は、前月比ではエネルギー価格の上昇が鈍ったこともあり、総合指数は前月から伸びが鈍化した。前年同月比では、総合指数が前月から小幅上昇したものの、水準としてはゼロ%近辺に留まっているほか、コア指数もFRBが目標とする2%の水準を大幅に下回っており、物価上昇圧力はみられない。

さらに、足元では再び原油価格が下落に転じていることから、今後物価には低下圧力が高まる可能性が高い。物価面からは、FRBが政策金利引上げを急ぐ理由は見出し難いと言えよう。