アルゴナビス (写真=Thinkstock/Getty Images)

株式投資をするときにはやはり、「勉強」も必要だと思います。ただ単純に「上がりそうだから」とか「安くなったから」と言って株を買う人も多いのでしょうが、しっかりと「買い場」で買い、「売り場」で売るということをしないと儲からないと思います。売り場、買い場の判断が出来るようになるお手伝いはできると思います。

米国株は軟調ですが、円安となったこともあり、本日の日本市場は底堅さは見られそうです。ただ、積極的に買い上がる材料もなく方向感に乏しい展開となりそうです。好調な決算を発表しても予想を下回る、あるいは先行きに対して慎重となっているような銘柄は大きく売られるものも出て来そうです。一方で好調な決算や内需関連銘柄などは手仕舞い売りで上値は重いのでしょうが、堅調となりそうです。幕間つなぎ的に小型銘柄などが買い直されそうです。

日経平均は引き続き20,500円を挟んだ動きとなりそうです。節目と見られる20,400円水準を割り込んでまで売り叩くということもなさそうで、また逆に20,600円水準を抜けて買われるという要因もなさそうです。夏休み気分が強まるなかで方向感に乏しい展開が続きそうです。


本日の投資戦略

米国株市場も冴えない展開が続いており、日本市場も方向感に乏しい冴えない展開となっています。決算動向は決して悪くないのですが、先行きに対する不安や慎重な見通しなどを嫌気しているということなのでしょうが、悲観的な見方も多いのではないかと思います。

そこまで悲観的になる必要もないと思うのですが、米国利上げの影響や中国の景気鈍化などを嫌気して敏感に反応しているということでしょう。目先的には不安が募るかもしれませんが、大きな流れて見れば「良い方に」動いているのではないかと思います。米国利上げにしても足元の景気が良くないと利上げが出来ないのですから、景気回復に水を差すということはないと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【関連記事】
業績回復も食品頼み 本当にイオンはGMSを再生できるのか!?
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
過去最大級の時価総額10兆円超?日本郵政3社の上場(IPO)に迫る