imasia_16661148_S
(写真=PIXTA)

それにしても暑い日が続いています。お米も暑すぎると収穫が気になってしまいますが、なかなかコメの先物取引も盛り上がらないようです。中国の景気鈍化などが懸念されていますが、そろそろ出直ってきても良いと思います。米利上げに対する懸念も根強いのですが、こうした「懸念」があるうちが安く買えるチャンスということなのかもしれません。

過度な悲観から好決算ながらも売られた銘柄なども多く、買い直しや買戻しの動きもありそうですし、底堅さは見られると思います。決算が芳しくなくても売られすぎたものは反発も期待できそうですし、日銀の金融政策決定会合も何も変わらないのでしょうが、日銀総裁の気の利いたコメントに期待してみてもよいかもしれません。

米国株が下落したことから売り先行となりそうです。週末の手仕舞い売りが嵩む場面もありそうです。ただ、日銀の金融政策決定会合を控えて売られすぎたものなどを買戻す動きも出て来るものと思われ、金融政策決定会合の結果次第では買戻しを急ぐ動きもあるかもしれません。基調は強含みですが、週末の手仕舞い売りなど目先の需給に振らされそうです。

20,600円水準の節目を抜けて来たということで今度は20,600円水準での値固め、20,600円~800円水準での動きが中心となる可能性もありそうです。20,500円を割り込むことがなければ底堅さを確認する格好で買い直されるものと思います。


本日の投資戦略

特に懸念材料があるということではないのですが、利益確保を急ぐ動きもあって冴えない雰囲気です。米国株式市場が芳しくない事での影響もあるのでしょうが、週末の雇用統計の発表が終れば、良くても悪くても買戻しや買い直しが入ってくるのではないかと思います。

中国を筆頭に新興国の景気動向などが懸念され始めています。それでも日本市場では指数に影響の大きな銘柄に売られすぎとなっているものも見られ、堅調な展開が続きそうです。為替も落ち着いており、好調な決算ながらも売られすぎたものなどが買い直されて指数を下支えしてくるのではないかと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【関連記事】
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
過去最大級の時価総額10兆円超?日本郵政3社の上場(IPO)に迫る