エコノミスト雑誌
(写真=Getty Images)

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の電子版は8月10日、同国教育・出版事業大手のピアソンが、所有する経済誌「エコノミスト」の株式売却を固め、週内にも発表する見通しだと報じた。売却額は約4億ポンド(約770億円)に上るとみられる。

売却先は明らかになっていない。記事では、関係者の話として、エコノミストの売却について女性誌マリー・クレールなどを出版するハースト・コーポレーションと交渉していたが決裂したことなどを伝えている。

ピアソンはエコノミストグループの株式50%を保有している。売却に向けて同グループの取締役会などと交渉を始めたことを先月発表している。また、エコノミストを売却することで、ピアソンが保有するメディア関連の資産は書籍出版のペンギン・ランダム・ハウスとなる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
JPX日経400が銘柄入れ替え、東芝やマックなど除外へ
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
過去最大級の時価総額10兆円超?日本郵政3社の上場(IPO)に迫る