川内原発
(写真=Getty Images)

九州電力 <9508> は8月11日午前、川内原子力発電所1号機(鹿児島県薩摩川内市)を再稼働させた。午前10時半に原子炉の核分裂反応を抑える制御棒を段階的に引き抜き、原子炉を起動した。今後、徐々に出力を高めて9月上旬にも営業運転を開始する。2011年9月に関西電力大飯原発(福井県)が停止して以来、約2年ぶりに原発が稼働した。

2011年3月の東京電力福島第1原発事故後、新規制基準に基づく原発の再稼働は初めてとなる。川内1号機は11年5月に定期検査のために停止し、再稼働は4年ぶりとなる。

同社では「国の検査に真摯に取り組むとともに、これまで以上に緊張感をもって、安全確保を最優先に今後の工程を慎重に進めてまいります」としている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
旧帝大等のエリート学生の就職人気企業ランキング、上位は「あの業界」が独占
時価総額過去最高?日経平均への影響も予見される郵政3社の上場に迫る
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?