株価
(写真=Thinkstock/Getty Images)

8月11日の東京株式市場の日経平均株価は、前営業日比87円94銭安の2万0720円75銭と5営業日ぶりに反落した。

寄り付きは前日の米国株高の流れを受け、買いが先行。一時、2万946円まで上昇するなど高値を付けたが、買い一巡後は利益確定売りが広がった。また、中国自民銀行が人民元の実質切り下げに踏み切ったことも売り材料となった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
旧帝大等のエリート学生の就職人気企業ランキング、上位は「あの業界」が独占
時価総額過去最高?日経平均への影響も予見される郵政3社の上場に迫る
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?