物価
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日銀は8月12日、7月の企業物価指数を発表した。国内企業物価指数(2010年平均=100)は103.4で、前月比0.2%下落、前年同月比で3.0%下落だった。下落幅は前月の2.4%下落から拡大した。

国内企業物価は昨年4月の消費増税の影響を除くと前年比2.9%下落となり、6月の2.4%下落から下落幅が拡大した。前年比でのマイナスは9カ月連続。

国内企業物価で前月より下落した品目は石油・石炭製品など。原油価格の下落を受けて石油製品の価格が下がったことが要因。一方、電力・都市ガス・水道などが上昇となった。

円ベースの輸出物価は前年同月比5.7%上昇、輸入物価は前年同月比7.1%下落だった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ディズニー、クリスマスイベントの概要を発表
時価総額過去最高?日経平均への影響も予見される郵政3社の上場に迫る
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?