株価
(写真=Thinkstock/Getty Images)

8月14日の東京株式市場の日経平均株価は、前日比76円10銭安の2万0591円45銭と反落した。

寄り付きは前日比77円19銭安の2万0518円36銭だった。前日の反発の反動から利益確定売りが先行。中国人民元の基準値が発表されると日経平均株価は買い戻され一時、上げに転じたもの、週末要因もあり買い材料に乏しく、利益確定売りが広がった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
中国人民元切り下げの基調は「プラス評価」か?
時価総額過去最高?日経平均への影響も予見される郵政3社の上場に迫る
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?