マネースクエアジャパン,トラトラ戦略,FX,高金利通貨 【Sponsored】(写真=Thinkstock/Getty Images)

2015年7月末現在、日本の政策金利は0.10%という低水準だが、オーストラリア(2.00%)、ニュージーランド(3.00%)、南アフリカ(6.00%)、トルコ(7.50%)など、高い水準を維持している国もある。

低金利に加えここ数年の円安基調により、FXで資産運用を行いたいという人が今注目しているのが高金利通貨への投資だ。FXで高金利通貨に投資を行う場合はスワップ狙いが主流だが、それだけではもったいない。高金利通貨投資をさらに効果的に、そして魅力的にする戦略がある。


高金利通貨運用、1年でこれだけ差がつく

FXでは日本円のように金利が低い通貨を売って高金利の通貨を買うと、2国間の金利差調整分であるスワップを受取ることができる。外貨預金はFXとは異なるが、外貨預金を例にとるとスワップは金利のようなものだ。(※スワップは各国金利情勢等により、「受取り」から「支払い」に転じること、または買いポジションと売りポジションともに支払いとなることもあります)

例えば、マネースクウェア・ジャパンの1万通貨あたりの1日のスワップはトルコリラ82円、NZドル61円、豪ドル47円、南アフリカランド9円となっている(2015年7月31日時点)。

スワップは変動するのであくまで概算ということになるが、もし1万トルコリラの買いポジションを持っていれば、ただ保有しているだけで3万円弱/1年のスワップを獲得できることになる。 FXは元本保証の金融商品ではなくリスク(※「お取引に関しての注意事項」をご覧ください)は顕在しているが、円定期預金の金利が0.10%で100万でも1,000円/1年ぐらいの金利しか受け取れない現状、いかに魅力的であるかは言うまでもない。

忘れてならないのが、FXではレバレッジ運用が可能であり、元手資金の最大25倍までの投資ができるということ。

例えば、1万トルコリラ(1トルコリラ=45円)をレバレッジ1倍で運用する場合、45万円が必要となる。しかし、レバレッジ2倍で運用する場合は22万5千円、レバレッジ5倍なら9万円だ。9万円の資金で約3万円のスワップを獲得できるとしたらかなりの投資効率である。(各国政策金利は2015年7月31日時点)

別の例として、45万円の現金をそれぞれレバレッジ2倍・5倍で運用する場合にどのような投資ができるのか、下の図表「レバレッジ運用イメージ」を見ていただきたい。

レバレッジ2倍では2万トルコリラ(90万円)の取引が可能であり、得られるスワップポイントは6万円弱となる。

レバレッジ5倍では、10万トルコリラ(225万円)の取引が可能であり、スワップポイントは15万円弱となる。

【レバレッジ運用イメージ】
スクリーンショット 2015-08-21 11.11.06


スワップ狙いだけじゃなく、為替差益も同時に狙いたい!

保有しているだけでもスワップが貯まるのは高金利通貨投資の大きな魅力。しかし「ただ買って、置いておく」だけではもったいない。高金利通貨はメジャー通貨などと比べると為替変動率が高くなる傾向がある。よって、よく動くということはそれだけ為替差益を獲得するチャンスが増えるということも考えられる。ただ問題は、為替差益を得るためのトレードタイミングをどのように計ればいいのかということだ。

「最安値で買って最高値で売る」というようにピンポイントを狙うのはプロでも難しい。また、一発狙いの投機性の高い投資スタイルにも抵抗感がある人も多いだろう。

では、スワップと同時に為替差益を積み上げていけるような一石二鳥の投資戦略はないのだろうか。

「トラトラ戦略」とは、マネースクウェア・ジャパンが特許取得済みの発注管理機能である「トラリピ®注文」と「トラップトレード®注文」を合体させたハイブリッド戦略だ。

トラリピ®注文とは、「設定した値幅にイフダン注文を手間なく複数設定し、成立後自動で同じ取引を繰り返してくれる」発注管理機能である。設定した値幅で決められたルール通り自動でトレードを繰り返すため、感情にながされることなく、また手間をかけずに収益チャンスを逃さないトレードが可能になる。

【トラリピ®注文イメージ】
画像②

トラップトレード®注文とは、「為替相場を面で捕獲(トラップ)すること」を目的とした発注管理機能である。通常の指値注文では相場の動きについていけず収益機会を逃してしまうことも。注文を一度に複数発注し、為替相場に「罠」を仕掛けることでより多くの収益機会を狙うことが可能になる。また、ドルコスト平均法の効果が得られるのも注目すべき点である。

【トラップトレード®注文イメージ】
画像③

つまり「トラトラ戦略」とは、トラリピ®注文で24時間絶え間なく動いている為替相場の細かな動きを逃さず為替差益をコツコツと積み上げていく投資戦略と、トラップトレード®注文で可能な限り有利な値段でのポジションを保有しスワップを獲得してく投資戦略を‘同時’に行う「ハイブリッドな投資戦略」のことである。

【トラトラ戦略イメージ】
画像④

ともに一度設定してしまえば設定したルール通りに自動でトレードを繰り返して行くため、常にパソコンの前に張り付いている必要ない。さらに急激な為替変動にも耐え得るような資金配分にしておくことにより、中長期的な視点での有効な投資となる可能性が高い。

【トルコリラ/円、NZドル/円、豪ドル/円、南アフリカランド/円のトラトラ戦略状況】
画像⑤

※検証期間は2014年8月1日~2015年7月31日です。
※1本あたり5千通貨(南アフリカランド/円は1万通貨)でのバックテスト結果です。
※バックテスト結果は「通貨ペア」による過去の価格推移において「レンジ」「売買の別」「本数」「1本あたりの利益金額指定」による条件のもとに検証した結果を表示したものであり、将来を予測保証するものではありません。測定するレートは参考値 (⇒当社5分足4本値) のため、過去データにて5分以内に激しい乱高下があったような場面では、実際の成立回数と異なるケースがあります。また利益率とはバックテスト期間中に獲得した利益の合計を、維持率が100%を割りこまないために必要だった最低金額の資金で割り算して% (パーセント) 表示したものです。年率換算ではございませんのでご注意ください。


初心者でも始めやすい環境を整備!

「高金利通貨はメジャー通貨に比べて情報が少ないし、どのように投資戦略に組み込んでいけばよいか分からない」や「トラトラ戦略の設定の仕方がわからない」という人もご安心を。

マネースクウェア・ジャパンでは「 M2J高金利通貨普及プロジェクト 」を2015年6月に立ち上げ、積極的にセミナー・イベントの開催や各種マーケット情報の充実・拡充など、様々な視点から高金利通貨を使ったFX投資をサポートしている。

また、資金にあわせた参考プランを網羅した「月刊トラリピプラン」や、他の人がどのようなトラトラ戦略を行っているかがわかる「みんなのリピート」など、初心者でも簡単にトラトラ戦略を実践できるコンテンツも豊富にそろっている。


新規口座開設キャンペーン実施中!

マネースクウェア・ジャパンでは、ただ今おトクな新規口座開設キャンペーンを実施している。

口座開設費、口座維持費など無料であるため、興味のある方は口座開設を前向きに検討してもいいだろう。

>>マネースクウェア・ジャパンについてもっと詳しく知りたいならこちら

<ディスクレーマー>
◆発注管理機能に関しての注意事項

発注管理機能である『トラップトレード®』『リピートイフダン®』『トラップリピートイフダン®』『ダブルリピートイフダン®』は取引の利益を保証するものではありません。投資判断はお客様ご自身でなさっていただきますようお願いいたします。

同一通貨ペアで複数の『ダブルリピートイフダン®』を入れる、またはすでにポジションを持っている通貨ペアで新たに『ダブルリピートイフダン®』を注文すると両建て取引となることがありますのでご注意ください。

◆お取引に関しての注意事項
取引開始にあたっては契約締結前書面をよくお読みになり、リスク・取引等の内容をご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願いいたします。当社の外国為替証拠金取引は、元本および収益が保証されているものではありません。また、取引総代金に比較して少額の資金でお取引を行うため、多額の利益となることもありますが、通貨価格の変動や金利動向の変化により預託した資金以上の損失が生じる可能性があります。また、外貨事情の急変、外国為替市場の閉鎖等、不可抗力と認められる事由により外国為替取引が不能となる可能性があります。

取引手数料は価格上乗せ方式で、新規および決済取引のそれぞれに必要となります。手数料額は1,000通貨単位当たり10~100円(対ドル通貨は0.1~1ドル)で、通貨ペアおよび諸条件により異なります。

当社が提示するレートには、買値と売値に差(スプレッド)があります。流動性が低くなる場合や、天変地異、戦争等による相場の急激な変動が生じた場合、スプレッドが広がることがあります。取引に必要な証拠金額は、個人のお客様の場合取引総代金の4%、法人のお客様の場合取引総代金の2%となります。

株式会社マネースクウェア・ジャパン
〒107-6240 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー40F
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2797号
(加入協会)一般社団法人金融先物取引業協会