株価
(写真=Thinkstock/GettyImages)

8月25日の東京株式市場で日経平均株価は続落して始まった。始値は前日比369円02銭安の1万8171円66銭でその後、下げ幅を拡大。一時、前日比で700円を超えて下げるなど、取引時間中として約半年ぶりに1万8000円を下回った。

世界同時株安の流れを受け、リスク回避のための売りが優勢となり、幅広い銘柄に売りが先行している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
日経平均、約半年ぶり一時1万8000円割れ
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】