ガソリン
(写真=Thinkstock/Getty Images)

資源エネルギー庁が8月26日発表した石油製品価格調査によると、24日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの店頭価格は、全国平均で前週比1.5円低下の136.7円で、7週連続で値下がりした。

レギュラーガソリンの店頭価格は前週比で1.5円安い。先週に続き、全国47都道府県で値下がりし、2月半ば以来約半年ぶりの安値水準となった。

軽油は前週より1.5円安い115.8円、灯油は0.9円安い82.2円。いずれも7週連続の値下がりとなった。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ベッカムがジョーダン超え?世界で最も収入が多い「引退したスポーツ選手」ベスト10
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】