imasia_12094195_S
(写真=PIXTA)

南アランドはブラジルレアルやトルコリラほどの下落率ではないが、最近の中国株安に端を発した世界的な金融市場の不安定化を受けて特に対円で大きく下落した。

今後、中国の追加的な景気刺激策などを受けて世界株式市場が安定化すれば、9円/ランド程度での横這い推移となりそうだ。もっとも、世界株価の不安定が継続したり、南ア準銀が自国の成長鈍化を考慮して利上げペースを鈍化させると、南アランドは更に下落するリスクがある。


主に海外要因で下落

南アランドは、8月24日に対ドルで一時14ランド/ドル台に乗せ史上最安値を更新、対円でも一時8.75円と2008年10月につけたリーマンショック直後の最安値(7.73円)に迫った(図表1)。

下落要因は基本的に、米利上げ期待を背景とした米ドル高、中国景気減速懸念や中国発の世界株安を受けた市場のリスク回避姿勢の強まり、そしてプラチナや銅などコモディティ価格の下落といった海外要因が主となっている(図表3)。

他方で、ブラジルレアル(財政悪化、大統領支持率急低下など)、トルコリラ(連立交渉失敗、再選挙実施といった政治的不透明感、国内テロ活発化を受けた治安悪化など)などにみられる国内個別要因は下落の主因となっていないことから、年初来下落率はブラジルレアル、トルコリラやメキシコペソよりも若干小幅となっている(図表2)。

南アは金の産出国としても有名だが、金価格は南アランドなどが売られるリスクオフの際に上昇する時もあり、南アランドの下落抑制要因として働く時があるのかもしれない(図表4)。

20150827_fx-strategy-theme_1

20150827_fx-strategy-theme_2