第5位 ノルウェー 1,199ドル

ThinkstockPhotos-485493836
(画像=Thinkstock/Getty Images)

スカンジナビア半島の西側、フィヨルドの雄大な絶景が見る者を圧倒する。首都オスロはムンクの「叫び」所蔵の国立美術館や博物館が楽しめる緑豊かな街。発券税・空港使用料、宿泊費は抑え目なものの、物価がアメリカの1.5倍、燃料費は2番目に高いことから5位に。

第4位 イギリス 1,316ドル

ThinkstockPhotos-471393397
(画像=Thinkstock/Getty Images)

大都市ロンドン、南部のストーンヘンジ、中部のコッツウォルズ、北部の湖水地方と異なる魅力が毎年多くの旅行者を誘うイギリス。宿泊費は安めであるものの発券税・空港使用料は調査対象国中で最も高く、燃料費も全体の6位という結果から、第4位に。

第3位 スイス 1,882ドル

ThinkstockPhotos-485498192
(画像=Thinkstock/Getty Images)

スイスは空港税が調査対象国中最も安い一方で、宿泊費が平均241.6ドルと割高で物価もアメリカの1.5倍。氷河特急でアルプスの絶景を目の当たりにしたり、ハイキングや山岳リゾートを楽しんだりなど日本人にも人気の高い国だが、かなり旅費がかさむことが判明。

第2位 イスラエル 1,912ドル

ThinkstockPhotos-534054663
(画像=Thinkstock/Getty Images)

キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地として繁栄したイスラエル。首都エルサレムでは「嘆きの壁」、ゴルゴタの丘、聖墳墓教会など3,000年の壮大な歴史を体感できる。発券税・空港使用料、宿泊費、物価ともに平均より高く、燃料費は全体の15位とかなり割高であるため、2位という結果に。

第1位 オーストラリア 4,897ドル

ThinkstockPhotos-468685734
(画像=Thinkstock/Getty Images)

旅費の高い国1位と発表されたのは、日本と時差がほとんどなく、温暖な気候とダイナミックな自然が魅力のオーストラリア。宿泊費と燃料費は平均並みでありながら、物価がアメリカの実に1.5倍とされ、発券税・空港使用料も高めであることから今回のレポートでは第1位となった。

undefined