imasia_13304638_S
(写真=PIXTA)


先週の中国株式市場

◆Better late than never 金融緩和や財政出動などで下げ止まり

cn20150831_1

◆先週の概況

先週の中国株式市場は大幅に下落しました。ハンセン指数は週間で3%余り下落し、2万1,612ポイントで終了しました。また、上海総合指数は週間で8%近く下落し、3,232ポイントとなっています。

上海総合指数は、週末に中国人民銀行(中央銀行)による金融緩和が発表されなかった失望売りが膨らみ、一時2,900ポイントを割り込む場面もみられたものの、中国人民銀行による資金供給や政府による財政出動などが好感され、週後半にかけてやや持ち直しました。

cn20150831_2


中国株式市場バリュエーション

cn20150831_3

cn20150831_4

cn20150831_5


業種別リターン

cn20150831_6

cn20150831_7