電力
(写真=Thinkstock/Getty Images)

楽天 <4755> と丸紅 <8002> は31日、低圧需要家向けの電力小売事業について業務提携の契約を締結したと発表した。楽天が運営する電子商取引サービス「楽天市場」の出店事業者や宿泊予約サイト「楽天トラベル」に加盟する宿泊業者などを対象に、丸紅から調達した電力を販売することを検討していく。

2016年4月に電力小売市場が全面自由化されることから、楽天は多角的な電力事業経営の実績を持つ事業者との提携について検討を進めてきた。丸紅は23カ国で電力事業を運営するほか、再生可能エネルギーの開発推進などに取り組んでいる。

両社は2014年にエネルギー需要開発の分野で協業を開始。楽天のプラットフォームを活用し電力受給取引拡大や簡易HEMSの共同開発などに取り組んできたこともあり、新たなサービスの開発に向けて合意に至った。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ベッカムがジョーダン超え?世界で最も収入が多い「引退したスポーツ選手」ベスト10
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】