imasia_13126807_S
(写真=PIXTA)

◆昨日は、中国株価が大きく上昇したこと、中国輸入統計は大幅に落ち込んだが逆に当局の政策期待に繋がったこと、などから原油価格や欧米株価が大きく持ち直したため、豪ドル、NZドルや南アランドといったこれまで大きく売られてきた通貨の買戻しが大きかった。

◆こうした中、ドル/円相場も中国株価が引け(16:00)にかけて大きく上昇したことから、ちょうど欧州勢の参入するタイミングだったこともあり大きく上昇に向かい、119円丁度近辺から一気に120.23円へ上昇し高値をつけた。ただしその後欧米時間中は欧米株高や米中長期債利回りの上昇にも拘らず伸び悩み、119円台後半へ小反落して引けている。

◆本日は、豪住宅ローン統計(10:30)、Lowe・RBA副総裁発言(11:00)、英鉱工業生産(17:30)、Debelle・RBA総裁補(金融市場担当)発言(18:00)、カナダ中銀金融政策決定(23:00)、Praet・ECB理事発言(0:30)、そして翌朝にRBNZ金融政策決定(6:00)が予定されている。

◆中国をはじめとする世界株価の反発が続くようだと豪ドルやドル/円の下支えとなるが、カナダ中銀が予想外に利下げする可能性が僅かながらあるほか、RBNZが市場予想の25bps利下げに加えて今後の追加緩和継続を示唆する場合は、カナダドル、NZドルの下落につれて豪ドルも再び下落に向かう可能性がある。

◆ドル/円は日米材料が少ない中で、中国株価の続伸は下支え要因だが、来週のFOMCを控えて積極的にポジションを傾けにくいとみられ、120円丁度を挟んだ方向感のない展開が続きそうだ。


昨日までの世界:中国の悪材料で買い、の政策催促相場

ドル/円は、中国貿易統計で輸入が前年比-13.8%と予想以上のマイナス幅となったことから中国景気減速懸念が高まり、一時118.86円へ軟化する局面がみられた。もっとも、中国株価が引け(16:00)にかけて大きく上昇したことから、ちょうど欧州勢の参入するタイミングだったこともあり大きく上昇に向かい、119円丁度近辺から一気に120.23円へ上昇し高値をつけた。

また、三井住友海上火災による英損保会社アムリンの買収報道(6350億円)を受けて、ポンド買い円売りフローが発生するとの思惑もドル/円の追加的な押上げ要因になったと見られる。ただしその後欧米時間中は欧米株高や米中長期債利回りの上昇にも拘らず伸び悩み、119円台後半へ小反落して引けている。

なお、本邦2QGDP改定値は前期比年率で-1.2%と速報の-1.6%および市場予想の-1.8%をも上回ったが、予想外の上方修正の主因が在庫のプラス寄与度拡大で、むしろ悪い内容として受け止められた。ただし日銀の追加緩和期待は大きく変化せず、円相場への影響も殆どみられなかった。

ユーロ/ドルは特段の個別材料なく上下する展開となり、東京時間午後に1.11ドル台半ばから1.1230ドルへ急進し、先週3日のECB政策理事会を受けて急落する前の水準をほぼ回復する局面がみられた。その後欧州時間には上昇分全てが帳消しとなったが、NY時間引けにかけては反発し、1.12ドル丁度近辺で引けている。ECBから追加緩和方針に関する追加材料が出てこない中で、ユーロ買戻しが優勢となり易くなっているようだ。

ユーロ/円も、中国輸入統計発表後に一時133円丁度を割り込む局面も見られたが、その後欧州時間入りにかけて急進し134円台乗せとなった。欧米時間には一時134円を割り込んだが、引けにかけて再度上昇に向かい、134円台半ばで引けている。

豪ドル/米ドルは、豪NAB企業景況感が前月の6から11へ改善したこと(ただし企業信頼感は4から1へ悪化)、中国株価が引けにかけて大きく上昇したこと、中国輸入統計は大幅に落ち込んだが逆に当局の政策期待に繋がったこと、などから原油価格や欧米株価が大きく持ち直したため、これまで大きく売られてきたNZドルや南アランドなどのコモディティ通貨と共にほぼ一本調子で上昇、0.69ドル台前半から一時0.7040ドルの高値をつけた。

豪ドル/円も、アジア時間は82円台後半で推移したあと、欧州時間入り以降に急上昇し、NY時間にかけて84.42円の高値をつけた。