6.アヲハタ <2830>

ジャムと言えば必ず企業名が思い浮かぶ同社の家庭用のシェアは約3割。他に業務用のフルーツ加工品を育成していることでも知られている同社は、100株以上の株主に1000円相当、1000株以上なら3000円相当の自社製品を株主優待として提供している。10月13日の終値は、2575円(単元株数100)となっている。

7.トップカルチャー <7640>

大株主のCCC <4756>  のフランチャイズ加盟会社である同社は、書籍・CD・DVD等の複合店「蔦屋書店」を展開。株主優待として、全国の「蔦屋書店」及び「TSUTAYA」で利用できる500円のギフト券を提供する。

1年未満の500株以上の株主には2枚、毎年4月末および10月末の株主名簿に同一株主番号で連続3回以上記載されており、かつ期間中の保有株式数が常に基準を満たしている「1年以上の株主」には3枚が贈呈される。さらに1500株以上の株主なら4枚、かつ1年以上の株主なら6枚に増枚される。10月13日の終値は、509円(単元株数100)となっている。

8.星野リゾート・リート投資法人 <3287>

1口当たり1枚、10枚を上限に提供される優待券で、1枚につき大人1名1泊の宿泊利用料金が税込2000円相当の割引になる。

対象となる宿泊施設は、星のや 軽井沢、星のや 京都、リゾナーレ 八ヶ岳、界 松本、界 出雲、界 伊東、界 箱根、界 阿蘇、界 川治で、大人1名当たりの宿泊利用につき1枚利用可能だ。10月13日の終値は、1218000円となっている。

9.トーシン <9444>

東海を地盤にauとソフトバンクを主力とする携帯電話販売代理店業を営む同社は、不動産事業やゴルフ場運営もあわせて展開している。

100株以上の株主には、優待として携帯電話の割引、ゴルフ場のプレー特別料金に加え、ゴルフ場平日1R無料招待が、さらに1000株以上になると平日2R無料招待または休日1R無料招待が、1500株以上なら平日3R無料招待または休日1R+平日1R無料招待が提供される。10月13日の終値は、573円(単元株数100)となっている。

10.メガネスーパー <3318>

投資ファンドの支援のもとに債権を図る同社は、株主優待として100株以上の株主に、セール品や特価品も含めて販売価格が3割引になる特別優待券、税抜2万円までのメガネレンズが無料対象となる仕立券を提供している。なお、300株以上なら特別優待券が2枚に増える。10月13日の終値は、56円(単元株数100)となっている。

他にも全国の時間貸駐車場「タイムズ」などで利用できるパーク24 <4666>  のタイムズチケットなど、魅力的な株主優待制度がさまざま用意されているので、銘柄を選ぶ際にはぜひとも各社の公式サイトなどでチェックしておきたい。(ZUU online 編集部)

実際に株式投資を始めてみる

株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

■口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>> SBI証券の口座開設はこちら

■口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える
>> 楽天証券の口座開設はこちら

■米国株の取扱に強く、IPO取扱数2位、ミニ株も取引できる、手数料も安い
>> マネックス証券の口座開設はこちら

■三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、ミニ株も取引できる
>> au カブコム証券の口座開設はこちら

■業界最安水準の手数料が売り
>> ライブスター証券の口座開設はこちら

■株主優待名人の桐谷さんも開設、少額取引の手数料が0円
>> 松井証券の口座開設はこちら

■どの約定金額でも手数料最安レベル
>> GMOクリック証券の口座開設はこちら

■IPO当選確率を上げるならおすすめ、ツールも魅力的
>> 岡三オンライン証券の口座開設はこちら

【合わせて読みたい】
株取引の楽しみ「株主優待」 7つの注意点
株式投資で気を付けたい3つのリスク
初心者が銘柄を選択する最適の方法
株価下落で初心者がやること、大物投資家がやること