3月株主優待特集 特集「2016年回顧→17年展望」 広告特集「太陽光投資」 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 「トランプ大統領」誕生へ DC特集
日本
Written by ZUU online編集部 6,768記事

マネーツリー、SFDCやみずほキャピタルなど3大メガバンクから出資

マネーツリー
(写真=プレスリリースより)

 個人資産管理ツールなどのサービスを提供するマネーツリーは22日、みずほキャピタルと三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、セールスフォース・ドットコムから大型出資を受けたと発表した。今回の出資のリードインベスターは、セールスフォース・ドットコム。

 マネーツリーは、独自のテクノロジーとセキュリティー技術を生かした取り組みで、個人資産管理アプリ「 Moneytree一生通帳、家計簿より楽チン」や経費精算サービス「Moneytree PLUS」などを提供している。

 今回の出資を受け、これらサービスのプラットフォームとなっている金融インフラサービス「MT LINK」を、金融機関や企業、個人をつなぐハブとなるプラットフォームとして整備、拡張し、より多くの人に活用してもらえるサービスにつなげていく。

 「MT LINK」は金融機関と企業、個人をつなげるインフラサービスで、顧客のアカウント情報をクラウド上で管理し、利用明細を自動的に取得することで最新の口座情報を提供する。現在、「MT LINK」を経由し、1550の金融機関、銀行口座、クレジットカード、電子マネー、ポイントカードの取引明細情報を、高いセキュリティーのもとで提供することを可能としている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
・フィンテック普及で窓口からスマホに移るお金との接点
・11月4日上場へ!日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の上場を徹底解剖
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・証券業界に革命?「独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)」に注目が集まる理由

マネーツリー、SFDCやみずほキャピタルなど3大メガバンクから出資
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

今話題の『FinTech』

PREV NTTデータ、ネットバンキングでのFintech促進サービス開発に着手
NEXT 自社ビルを建てると会社が傾く?自社ビルのメリットとデメリット