imasia_16661148_S
(写真=PIXTA)

米国FOMC(公開市場員会)の結果発表もなんだか結果的には乱高下となりました。日銀の金融政策決定会合も明日あるのですが、これまた市場の波乱要因となりそうです。追加緩和があったらあったで、「打ち止め感」や「物足りなさ」が出る可能性もあり、なければないで「失望」となるのか、12月の金融政策決定会合への期待となるのか、ということです。

米国の雇用統計などもそうなのですが、こうした材料の中身と言うよりは、材料への市場の反応が問題なのだと思います。どのような反応となるか昨晩の米国市場のようにわからないところもあり、ちょっとしたまとまった売り買いが先物などに見られると連れて動くということも多いのだと思います。最初に動いた方に乗って、動きが止まったら逆に向かうというような気もします。

本日の日本市場は米国株が大きく上昇したことから買い先行となりそうです。為替も円安となり、追加緩和期待もさらに高まって来るものと思われ、主力銘柄などを中心に大きな上昇となりそうです。好調な決算を発表しながらも売られたものなども買い直されるのでしょうし、芳しくない決算を発表して売られたものも売られすぎの修正などは見られそうです。

1万9000円をしっかりと抜けて来るかどうかというところです。一目均衡表の雲の上限が1万9200円水準であり、ここをしっかりと抜けて来るかどうかというところです。75日移動平均線も同じような水準にあり、1万9200円をしっかりと抜けてくれば「底入れ完了」で1万9000円~1万9200円水準を下値に、上値を試す動きになりそうです。


本日の投資戦略

米国市場も好調な決算なども多く、利上げ懸念が薄れると一気に買われるという感じです。世界的な金融緩和効果での「金余り」が景気鈍化懸念を打ち消すというよりは資本市場に流れているということで債券や株が買われているということでしょう。

要するに「金融相場」と言うことなのでしょうが、日本でも好調な決算を示す企業も散見されるように、金融緩和期待と実際の景気との若干のずれもあるようです。日本でも追加緩和が期待されていますが、期待が強まりすぎると反動安や出尽くし感が警戒されます。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【関連記事】
・マイナンバーがよく分かる!知っておきたい対策、ウソ・ホント
・11月4日、郵政上場初日の値動きに合わせた投資戦略を徹底公開
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・世界が認めた日本車!「最も価値の高い自動車ブランド ベスト10」頂点に輝いたのはあの日本ブランド?