imasia_16661148_S
(写真=PIXTA)

だいぶ日も短くなり、本日は10月最終取引日となります。日銀の金融政策決定会合の結果待ちということでいろいろな思惑が出て来そうです。追加緩和があるかどうかということですが、ちょうど1年前は唐突に追加緩和が行われ、大きな上昇となりました。

あれから1年、日銀の金融政策決定会合があるたびに「また追加緩和があるのではないか」などと言われていましたが、本日なければ「今度また」と言うことになるのかもしれません。いずれにしても好調な決算ながらも売られているようなものは買い直しの動きも出て来るのでしょうし、日本郵政の上場を控えて堅調な地合いが続くのではないかと思います。

米国市場が冴えない展開となったのですが、日銀の追加緩和が期待されるなかで売り難さも出そうです。金融政策決定会合の結果が発表されるまではもたついた動きだと思われますが、追加緩和があった場合となかった場合、そして追加緩和の内容によっても相場が動きそうで、実際には動いてみないとわからないということになりそうです。ただ、決算が好調なものなどはいずれにしても買われそうで、また円安を好感する動きもありそうで、基調は強含みに推移しそうです。追加緩和がなかった場合にどの程度失望売りが出るかということになりそうです。

1万9000円水準での上値の重さを確認した格好となりました。日銀次第ということなのでしょうが、昨年のような急騰にはならないと思われ、1万9200円水準を抜けてくれば、1万9200円~300円水準で値固めをして2万円を目指す動きになるのでしょうし、1万9200円水準を抜けなければいったん1万8500円~600円水準までの調整はありそうです。


本日の投資戦略

米国市場も日本市場も手掛かり難というか材料待ちという感じになっています。いずれにしても金融政策が相場を動かすことになりそうです。本日の日本市場もやはり日銀次第ということになりそうです。追加緩和があった場合には節目と見られる19,200円水準を抜けて一気に上昇となるのでしょう。ただ、内容によっては上値も限られるということになってしまいそうです。

追加緩和がなかった場合にはいったん失望売りが出て来そうです。好決算を発表した銘柄は堅調となりそうですが、ここのところ買われていたものなどは手仕舞い売りに押されることになりそうです。そうなると、当面は19,000円水準が上値と言うことになりそうです。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【関連記事】
・マイナンバーがよく分かる!知っておきたい対策、ウソ・ホント
・11月4日、郵政上場初日の値動きに合わせた投資戦略を徹底公開
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・世界が認めた日本車!「最も価値の高い自動車ブランド ベスト10」頂点に輝いたのはあの日本ブランド?