imasia_16661148_S
(写真=PIXTA)

今日もなんだかはっきりとしない天気ですが株式市場はご多分に漏れず「SQの週」ということで異常事態となっています。特に理由のない中で売られすぎの修正が続いているということなのでしょうが、昨日も意外高となり基調の強さ、買い気の強さが確認された感じです。

このまま一気に2万水準まで一気に突っ走るという雰囲気になっていますが、SQでも何でも2万円を抜ければ抜けたで達成感から、抜けれなければ失望感から一気に調整となりそうで、そのあたりも含めて注意が必要と言うことになりそうです。

本日の日本市場は米国市場が堅調、為替も落ち着いていることから堅調な展開が期待されますが、さすがに目先的な過熱感が強く、上値も重くなりそうです。オプションSQ(特別清算指数)算出に絡んでの思惑などからも買い上がられる要因となっているのでしょうが、いったん上値の重さが確認されると一気に手仕舞い売りに押されるということもありそうです。先駆した電子部品株などは利益確定売りに押されそうで指数の上値も限られそうです。

ただ、節目と見られる1万9500円~600円水準での値固めと言う雰囲気になっており、一気に2万円を目指すという可能性も捨てきれません。1万9500円~2万円の動きになるのか、1万9100円~200円水準を下値に1万9500円~600円水準が上値となるのか、今日明日の動きで決まりそうです。


本日の投資戦略

昨日も予想以上の展開となりました。「上値が重い」と言う見方もできますが、昨日などの動きを見ていると買い気が旺盛という気もしてきます。オプションSQ(特別清算指数)をきっかけに2万円を試す動きになるのかどうかということでしょうが、本日の動きで2万円を目指す動きかどうか見えてきそうです。

1万9700円水準を抜けて一気に買われるか、上値の重さを嫌気して手仕舞い売りを急ぐことになるのかということですが、まだまだ出遅れ感が強い銘柄も多く、いずれにしても基調は強含みに推移して行くものと思われます。為替も米国の利上げ必至と言うなかでこの水準と言うことは日本での追加緩和期待が薄れているということであり、足元の景況感が良いからといって買われるということでもないのでしょう。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【関連記事】
・米10月雇用統計で「年内利上げ」可能性高まる 今後のポイントは?
・「世界MBAランキング」国内1位 東大や京大、慶應ではなく新潟のあの大学
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・日経新聞/日経MJから、四季報まで全てネットで閲覧可?その意外な方法とは
・世界が認めた日本車!「最も価値の高い自動車ブランド ベスト10」頂点に輝いたのはあの日本ブランド?