デイトレあるある
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ネット証券の登場で手数料が劇的に安くなり、システムが進歩したことで、システムトレードのようなことも出来るようになってきた。また、従来は個人で得ることができなかったデータにも簡単にアクセス出来るようになった。

他にも、株式専門サイトやツイッター等のSMSで市場情報や経済指標、企業のファイリング情報なども瞬時のアクセスが可能になり、個人のデイトレーダーでも一昔前の証券会社のトレーディングフロア並の情報収集が可能となってきた。

ネット証券の登場、ネットを活用した情報収集が便利な環境になったからこそ、デイトレーダーの多くがやりがちな「デイトレあるある」を以下では紹介していく。


デイトレ初心者あるある

1.あわてて注文を出したら「大切なお知らせ」がたくさん出て注文が間に合わない

デイトレ初心者は毎日相場に張り付くわけではない。だいたい思いつきで、人から聞いた銘柄を買おうとネット証券のオーダーシステムを立ち上げる。

久しぶりなので「特別精算値のお知らせ」とか「担保のお知らせ」とかが10本以上たまっていて、もしやと思いチェックして削除していると、だいたい注文が間に合わなくなってしまう。先物も信用もやってないのに、大事なお知らせにいらないと思った投資家もいるのではないだろうか。

2.寄り前に準備万端でオーダーしたのにウォーニングで注文が間に合わない

デイトレ慣れしてくると、気分はいっぱしのトレーダー。朝は、NY市場とCMEの日経平均先物をチェック。成り行きオーダーよりも指し値を多用するようになる。

東証適時開示情報をチェックしデイトレ銘柄を絞る。狙う銘柄の板情報をチェック。寄り付き後の板を読んで、あとは寄り前ぎりぎりに発注のはずが、「特定」か「一般」の区分を入れ忘れ、はたまた購入資金が足りず、「区分情報が未入力です」「買い付けの代金が足りません」のウォーニング。あわてて再注文したけど寄り付きに間に合わず、悔しい思いをした方も少なくないだろう。