imasia_16661148_S
(写真=PIXTA)

忘年会のお誘いも多くなり、いよいよ年末モードと言うことですが、やはり毎年12月のSQを超えると「年末」と言う雰囲気になって来ます。「今年1年は・・・」と振り返る時期ですが、特に何がどう変わったということでもなく、バタバタしているうちに歳をとったという感じです。

株式市場はまだまだSQを控え、そして来週のイベントを控えて波乱もありそうです。ちょっとしたことを材料にして先物などにまとまった売り買いが出て相場全体を動かしてしまうということも多く、ここからさらにSQを控えての大きな動きもあるかもしれません。ただ、基調は強含みと思われ、しっかりと買いたい銘柄の買いたいところで買うということで良いのだと思います。

米国株は軟調となったのですが、シカゴ市場(CME)の日経平均先物はしっかりとした動きになっており、本日の日本市場も堅調な展開が期待されそうです。ただ、米国利上げが確実視されるなかで新興国などへの影響が懸念されることなどもあり、動き難いのではないかと思います。積極的に買い上がる手掛かりも少なく利益を確保する動きが優先されそうで、昨日大きく上昇した主力銘柄などは手仕舞い売りに押されるものも多くなりそうです。指数の上値は限定的となり、内需銘柄などを中心に原油安メリットのある銘柄など個別に物色されそうです。

2万円を目指すような雰囲気でもないのですが、1万9500円~600円水準での値固めは期待できそうです。1万9700円水準で底堅さが見られればいいのでしょうが、先物・オプションSQ(特別清算指数)算出を控えての思惑で、ちょっとした仕掛け的な売り買いに振らされそうです。


本日の投資戦略

日本市場は米国の利上げの影響をどこまで織り込めるかという感じですが、既にある程度は織り込まれていると思います。ただ、実際に利上げがあると今度は新興国ばかりではなく、米国内での影響などが大きく取りざたされる可能性もありそうですし、さらにテロなどの地政学リスクにも結びついてしまうかもしれません。

クリスマス・年末商戦は好調なようですが、衣料品の販売が今一つなどという記事もあり、まだまだ波乱要因は多いということでしょう。ここからは波乱含みの中で年末まで保有しているつもりでじっくりと買える銘柄を探して行けば良いと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【関連記事】
・2016年世界経済見通し、米利上げでも株価はすぐに下落しない!
・投資家必見!IPO当選確率を上げる5つの方法
・日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
・1万円からトヨタやソフトバンクへの株式投資が可能?ミニ株取引とは
・「世界MBAランキング」国内1位 東大や京大、慶應ではなく新潟のあの大学