(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

おはようございます。昨日はクリスマスイブでした。サンタクロースは飛んできませんでしたが、株式市場は閑散のなかそろそろ落ち着いた動きになりそうです。本日は12月決算銘柄の権利付最終日と言うことですから、大きく上昇した後ではないだけに、権利取りの動きが期待されます。

米国の利上げを懸念する動きもまだまだくすぶっていますが、昨年のような年末からの下落、一昨年のような年初からの下落と言うことはないと思います。「掉尾の一振」を期待して売られたものの買い場を探してみても良いと思います。無理をする必要はないと思いますがNISA買いが期待されるものなどに注目です。

米国市場は小動き、為替は円高気味ではあるもののシカゴ市場(CME)や夜間取引の日経平均先物も小動きとなったことから本日の日本市場は方向感に乏しい展開になりそうです。ただ、昨日の売りである程度持高調整の売りが一巡となった感もあり、週末の買戻しや権利付最終と言うことでの買いが入れば堅調となるのでしょう。為替次第ということもありそうですが、売り叩かれるようなことはなさそうです。

1万9000円台固めとはならず、逆に1万9000円水準での上値の重さが確認された格好です。引き続き1万9000円水準が上値となりそうですが、1万8800円水準で値持ちが良ければ、1万9000円台乗せとなってくるのでしょう。当面は1万9000円を挟んでの動きとなりそうです。

本日の投資戦略

昨日は米国株高にも関わらず冴えない展開になりました。何がどうしたということでもなく、年末の手仕舞い売りに押されたということでしょう。税金の関係で損出しの手仕舞い売りも多かったのだと思いますが、閑散としているなかでちょっとした売りに押されたということなのでしょう。

結局は株式市場は目先の需給だけで動いている感じです。日々一喜一憂するということでもなく大きな流れに乗っていれば良いということなのでしょうが、毎日の振れ幅が大きいとそうもいかないという感じです。今年は目先筋の売り買いに大きく振らされた感があり、最後の最後まで振り回されそうです。これもまた相場と言うことで大きな流れを見て行くと良いのでしょう。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)