(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

おはようございます。国民的アイドルグループの解散騒ぎも大雪の大混乱も終わり、株式市場も今年2度目の上昇と少しは底入れ感が出て来た感じです。足元の業績が悪くなっているということでもないのですが、「懸念」が先走って疑心暗鬼になり、株式の売りを誘っているという感じです。必要以上に中国や原油価格に神経質になっている感もあり、もっともっと先を見てしっかりと業績が向上して行く企業に投資をして行くということでいいのでしょう。

最近では信用取引をやる人も多く、委託手数料も安いので回転を効かせなければ・・・、というような投資家(投機家)がますます多くなっているようです。それはそれでいいのですが、仕事でもないのに、1日中パソコンの前に張り付いて一喜一憂しているというのもどうかと思います。しっかりと方向、株価水準を考えてゆっくりとした投資をしても良いのではないかと思います。

米国株はまちまちとなりましたが、本日の日本市場は為替が落ち着いていることもあり、堅調な展開が期待されます。昨日同様にこれまでの売りが出ているかどうかと言うことで、結局は目先の持高調整の動き、目先の需給に振らされて相場全体の方向も変わりそうです。主力銘柄へのまとまった売りが止まったと見られれば割安感が強い銘柄、売られすぎの銘柄などから戻りを試すことになるのでしょう。

日経平均の1万7000円水準での攻防となりそうです。1万7000円を割り込むところではしっかりと買いが入る、売り難さが見られるということであれば、ここから買戻しを急ぐ動きになって一気に1万7500円水準を試すこともあるのでしょうが、まずは1万7000円台固めとなるかどうかというところでしょう。1万7000円を割り込んで買いが入らない、あるいはさらに売り急ぐ動きに耐えられないようであれば、一気に1万6500円水準を試すことになるのでしょう。

本日の投資戦略

中国のGDP(国内総生産)の発表には特に反応はなかったのですが、新聞では相変わらず「鈍化、鈍化」と悲観的な記事が目立ちます。中国での消費は10%以上伸びているのですが、伸び率鈍化を取りざたしており、当面まだまだ中国景気懸念などが上値を抑えることになりそうです。

原油価格もいっこうに下げ止まらないということで株式市場も買えないという感じですが、原油価格下落でメリットのあるところも多いのですし、為替も落ち着いてきていることでもあり、そろそろ底入れから反発への体制をとっておいても良いと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)

証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)