(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

おはようございます。引き続き寒いですが、朝の星空は満月に近い月や金星などがとても賑やかでした。株式市場は週明けの米国市場が大きく下落していることで再度急落となるのではないかとの懸念がでそうです。目先の需給要因に先物やETFなどで指数の下落、上昇を加速するという状況が続いており、まだまだ落ち着かないかもしれません。

ただ、先週まで見られていた持高調整の売りのようなものが出てこなければ、つまり1万7000円を割り込むところでもさらに売り急ぐ動きが出て来るかどうかということでしょう。1万7000円水準を割り込んで売り難さが見られるようであれば1万7000円台固めとなって底入れ感が強まると思います。

米国株が軟調となったことから本日の日本市場も軟調な展開となりそうです。為替も円高に振れたことで手仕舞い売りを急ぐ動きも出て来そうです。日銀の金融政策決定会合での追加緩和期待も根強く、大きく売られるということでもないかもしれませんが、先週末からの大きな上昇の後だけに指数の下げ幅が大きくなるかもしれません。

先物の夜間取引では1万7000円を割り込んだところでは売り込み難さも出ていたようですが、シカゴ市場(CME)では1万7000円を大きく割り込んでおり、1万7000円を割り込んだところで買いが入るかどうかというところです。1万7000円を割り込んだところから売り難さが見られ、しっかりと買いが入って来れば1万7000円台での値固めとなって来そうです。

本日の投資戦略

昨日の相場などを見ていると底入れ感も出て来た感じですが、米国株が大幅下落、為替も円高となったことで本日の日本市場は冴えない展開となりそうです。ここで1万7000円台をしっかりとキープできるようであれば、底入れと見ても良いのでしょうが、昨日の上昇以上に下落となると最後下落に対する恐怖感が出て来そうです。

それでも日銀の金融政策決定会合までは少なくとも「追加緩和期待」があるのですから、大きく売られることはないと思います。あとは先週まで見られたオイルマネーの売りなど目先の需給で方向が決まるということになるのでしょう。オイルマネーなどの売りが止まらないようであれば、売り直す向きも多くなり、指数の下げ幅を広げることになりそうです。1万7000円を割り込む水準で主力銘柄などを売り急ぐ動きが出て来るかどうかで方向が決まるということになるでしょう。


清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)