投資,勉強
(写真=PIXTA)

最近NISAやジュニアNISAなどの制度が整備された関係で投資を始めようという人が増えてきている。しかしいくら非課税で投資ができても、損失を出してしまっては意味がない。今回は「株初心者が勉強したいと思った時に読みたい投資本10選」として株初心者が健全な資産運用をできるよう役立つ本を解説していく。


株の勉強1. 経済の基本が理解できる本

まずは経済や投資の基本がとても分かりやすく理解できる本を4冊紹介する。

「知らないと損する 池上彰のお金の学校」(池上 彰著)

こちらの本は投資初心者にまず初めに読んでもらいたい一冊である。テレビでおなじみの池上彰による、お金にかかわる解説が非常にわかりやすく書いてある。

株式、債券、投資信託、FX、ETF、先物取引など投資全般を網羅し解説するだけでなく、GDP、インフレ、デフレ等、投資に関して、聞いたことがあるが実はよくわからない用語も簡単な言葉で解説されている。投資の勉強を始める第一歩に最適な一冊である。

「金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」(ロバート・キヨサキ著)

この本は投資をこれから始めようとする人の背中を押してくれる内容が詰まった本である。タイトルにもある通り、金持ちの父さんと貧乏父さんの差について考察することで、お金に対しての考え方が自然と勉強できる内容となっている。この本を読むことによってお金に対する考え方がかなり変わる人もいようかと思われる。

内容は実生活での事例をもとに書かれていることが多く、投資に必要な基本的な考え方がわかりやすく勉強することができる。

「臆病者のための株入門 」(橘 玲著)

この本の前半では株式投資に関してのリスクの部分が書かれている。証券会社の発注ミスによって発生したジェイコム事件やライブドアの堀江元社長に関する騒動等、実際の株式市場で起こった恐ろしいことが書かれているが、後半では株式市場のリスクの部分を克服する投資方法について書かれている。

投資に関するリスクを正しく理解し、リスクときちんと向き合ったうえでの投資を勉強するには素晴らしい一冊である。

「株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書」(足立 武志著)

投資において、ファンダメンタル分析がある程度できるというのは必須条件であるといっても過言ではない。この本ではファンダメンタルについての分析の仕方が初心者にもわかりやすく解説してある。

企業が発表する決算書の見方や、四季報の見方等、実際に投資する場合に役立つファンダメンタル部分の分析の仕方がわかりやすく勉強できる。さらにファンダメンタル部分だけではなく、チャート等のトレンド部分での投資手法も組み合わせて解説されており、バランスの取れた投資戦術を勉強することができる。

株の勉強2. 著名投資家に学ぶ投資戦術

投資の基本が勉強で来たら次の段階。著名投資家から投資に勝つためのコツを学ぶ3冊を紹介。

「史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵」(メアリー・バフェット、デビッド・クラーク著)

世界的にも著名な投資家であるバフェットの投資についての考え方が本書を読むことによって勉強出来る一冊。投資の神様ともよばれるバフェットの考え方は投資を始めようとする人にとっては参考にあることばかりの内容である。

本書の内容はバフェットの語録集となっており、一つ一つが短い内容であるのでとても読みやすくなっている。時間がない人にもおすすめの一冊。

「億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術」(メアリー・バフェット、デビッド・クラーク著)

こちらも世界的な著名投資家であるバフェットの投資戦術が学べる本。バフェットの特徴は短期の投資ではなく、長期の投資。将来性のある優良企業を見つけ、「株価」では無く「企業」を買うことに徹底している。

本書では投資銘柄決定までのプロセスがわかりやすく解説されており、読者自身もそのプロセスに当てはめながら銘柄を決定できる実戦的な内容となっている。

「賢明なる投資家 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法」(ベンジャミン・グレアム著)

ベンジャミン・グレアムはバフェットが尊敬し、師と仰いだ人物としても有名。本書はアメリカでは投資の父と呼ばれているベンジャミン・グレアムの生み出したバリュー投資について勉強することができる内容なっている。

現在バリュー投資についての本は多数出版されているが、それらの本はすべてこの本が基礎となっていると言っても過言ではない内容の一冊である。

株の勉強3. 投資のマインドを学ぶ

次は投資をする際のマインドについて参考になる本を3冊紹介する。

「となりの億万長者 成功を生む7つの法則」(トマス・J・スタンリー、ウィリアム・D・ダンコ著)

この本は1万人以上の億万長者にアンケートとインタビューを繰り返し、その内容をまとめたものである。世間一般の人が考える億万長者のイメージとは全く違うことが本書には書かれている。

将来億万長者を目指すためには、投資をしなければならないということを説得力のある内容で解説なされている。投資をする意味を勉強するには最適な一冊である。

「ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理」(バートン・マルキール著)

この本では、チャート、ファンダメンタルズ、金融工学、行動経済学等様々な投資戦略について分析がなされ、最終的にどのような投資が負けにくい投資戦略かを解説している。

大勝ではなく、負けにくい投資を目指す人にはぜひおすすめしたい一冊である。

「敗者のゲーム」(チャールズ・エリス著)

株式市場の売買のうち、ほとんどをプロである機関投資家が占めている昨今。プロ相手に勝者になるのは非常に難しいと思われるが、敗者には敗者の戦い方がある。

本書は投資でどのようにして負けにくい投資をするかを統計的なデータを用いて解説している。市場環境を冷静に見極め、資産を形成していくためにはぜひ読んでもらいたい一冊である。

以上10冊を紹介したがいかがだっただろうか。投資というのは資金を準備し、口座を開設すれば誰にでも簡単にできてしまう。

しかし、投資の世界では機関投資家等のプロがひしめき合い、個人投資家が安定的に利益を出していくのには、難しくなってきている。今回紹介した本は投資の基本を押さえ、著名投資家の投資手法を知り、どのようなマインドで投資に挑むかを自分自身で考えられる10冊となっている。

投資の世界は努力せず、楽をしてお金を儲けるイメージがあるが、実際のビジネスと同じように、投資の世界も努力なくして利益はない。ぜひ今回紹介した本を読んでもらい、勉強をし、有意義な投資を行ってもらいたい。

株を勉強したい人は本だけでなく

証券会社で行っているセミナーや、投資に関する動画を公開するなど、各証券会社で提供している投資情報に目を向けてみるのが良いだろう。 (ZUU online編集部)

実際に株式投資を始めてみる

株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

■口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>> SBI証券の口座開設はこちら

■口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える
>> 楽天証券の口座開設はこちら

■米国株の取扱に強く、IPO取扱数2位、ミニ株も取引できる、手数料も安い
>> マネックス証券の口座開設はこちら

■三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、ミニ株も取引できる
>> カブドットコム証券の口座開設はこちら

■業界最安水準の手数料が売り
>> ライブスター証券の口座開設はこちら

■どの約定金額でも手数料最安レベル
>> GMOクリック証券の口座開設はこちら

■IPO当選確率を上げるならおすすめ、ツールも魅力的
>> 岡三オンライン証券の口座開設はこちら

■少額取引の手数料が0円
>> 松井証券の口座開設はこちら

【関連記事】
株の仕組みとは?0から学ぶ株について
【株初心者入門】株取引の時間は?
シミュレーションで株式投資に備えよう
株の買い方を解説。株はどこで買う?必要資金まで
3億円超え投資家が実践する「株の買い時、売り時」