(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

おはようございます。昨日は立春でしたが、まだまだ寒い日が続いています。株式市場も為替が円高に振れていることもあり、何とも落ち着かないのですが本当に最近の相場は一方向に大きく動くことが多く、動きが出てからついて行っても遅くないということが多いのはないかと思います。業績面からの不安も根強いということですが、マイナス金利など金融緩和効果も出て来るのではないかと思います。

日銀に対する批判も多くなってきていますが、要は銀行がしっかりと資金供給できるかどうかということなのでしょう。また、銀行がかつてのバブルのように株式などに積極的に投資が出来るかどうかということだと思います。リーマンショックで金融機関の投資は委縮してしまいましたが、リスクを取っての金融機関からの投資が期待されます。そのためにはマスコミが年金資金の評価損を過大に煽るようなことが無いように、そしてそうした報道に投資家が踊らされないようにすることが必要ではないかと思います。

米国株は堅調となったのですが、為替が大きく円高に振れており、夜間取引やシカゴ市場(CME)の日経平均先物が売られており、本日の日本市場は売り先行となりそうです。1万7000円水準を割り込んだところでは買戻しなども見られるのでしょうが、週末の手仕舞い売りが嵩むと大きな下げとなりそうです。昨日は1万7000円を割り込むところからは売り急ぐ動きはなかったのですが、外国人などがさらに手仕舞い売りを出してくるかどうか、目先の需給次第ということでしょう。

円高に振れたことで下値を試す動きになりそうです。1万7000円水準を割り込むと1万6500円~600円水準が次の節目となる可能性もあり、先週末のようにいったん割り込んだあとしっかりと切り返すかどうかと言うところです。外国人次第ということになりそうですが、円高での利益確定売りなども嵩んでしまいそうで、一目均衡表の雲のねじれの日柄、来週水曜日あたりまで調整となりそうです。

本日の投資戦略

マイナス金利効果も剥げてしまった格好で為替が円高に振れているとされていますが、マイナス金利の影響で円安になったものの、米国での金融緩和継続期待からドル安に振れているということでしょう。米国の雇用統計が好調となると今度は一気にドル高になり、米国株安、日本株高と言うことになりそうです。

マイナス金利に関しても理解できていない向きも多いようですが、要は銀行がしっかりと資金を供給し、企業がしっかりとお金を使えるかどうかということです。「安ければいい」と言う消費が多いことが景気低迷の原因ですから、訪日外国人に負けずに消費が増えてくれば景気が回復、景気が回復すれば消費が増えるということですから、銀行から無理矢理お金を借りて消費するというような雰囲気になるかどうかということだと思います。


清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 <現・ アルゴナビス > 、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。 メールマガジン も配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)