予備校費用,大学授業料の補てん
(写真=Sodan)

子どもが第一希望の大学に受からず、悩んだ末に浪人生になることを選んだ時。次こそは頑張ってほしいという思いとともに、予備校に通わせるか否かを考えますね。今回は、予備校に通うにはいったいどれくらいかかるのかなど、大学授業料の補てん手段についてお話します。

予備校の費用、平均でいくらかかる?

ご自宅で受験勉強をしてもらうのが一番お金は掛かりませんが、一般的には予備校に通って受験対策をすることになるでしょう。

予備校にもいろいろな予備校がありますが、「河合塾」「代々木ゼミナール」「駿台予備学校」が三大予備校として有名です。最近ではこれに某講師のキャッチフレーズCMで有名になった「東進ハイスクール」も人気な予備校の一つになっているようです。

大小さまざまな予備校がたくさんありますが、いったい費用はどれくらいになるのでしょうか。例として、いくつかの予備校の入学金と授業料を比較してみましょう。

※コース別の授業料設定の予備校が多いので、ここでは「国公立大」コースと設定します

【河合塾】
・入学金:7万0000円
・授業料:44万5000円
[合計]51万5000円
※テキスト代込
(河合塾ホームページ/大学受験科・コース案内ページより)

【代々木ゼミナール】
・入学金:10万円
・授業料:64万5000円
[合計]74万5000円
※テキスト無償交付との記載あり。
(代々木ゼミナールホームページ/オンライン入学案内より)

予備校によっては授業料を公開していないところもありますので、気になる予備校があれば入学案内の資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

また、たいていは授業料にテキスト・教材費が含まれていることが多く、夏期講習・冬期講習・各種模試・試験は別料金というのが一般的のようです。

平均的に入学料込で40~80万円程度、別途講習代や諸経費込みで100万円ほどの準備があれば、1年間予備校に通うことができると思います。

入学説明会などに参加する、親族が通っていたことがある、または紹介などを通すことで、入学金が割引になるところもあるようです。予備校へ通うことが決まったら積極的にリサーチしてみてください。

予定外の予備校費用、どう工面する?

予定外の浪人生活に突入してしまった場合、予備校の費用はどのように工面するべきでしょうか。

まずは毎月の生活費に予備校費用を足して、やりくりできるかを確認しましょう。もし収支上予備校費用を払うことが難しい場合は、大学の授業料として貯めたお金を利用することになるでしょう。場合によっては子どもにアルバイトしてもらい、一部の学資金を負担してもらうことも必要かもしれません。

大学の授業料が払えなくなったらどうしよう…

浪人生活の末、なんとか子どもが志望大学に合格。嬉しい半面、はじめから浪人を見越して「予備校の学費も貯めていた」というご家庭は珍しいかと思います。

「想定外だった予備校の授業料に学資保険を充当してしまい、肝心の大学の授業料が払えない…」。こんな事態が起きてしまうこともあるでしょう。

苦労の末、子どもが合格をしたわけなので、なるべく子どもの未来に影響を与えないようにしたいですよね。

大学の授業料を準備することが厳しい場合、大きく分けて以下の3つの補てん手段があります。

1)親族に援助を依頼する

ご自身の両親(子どもからみたら祖父母)など、親族に援助を頼ってみるのも1つの手です。可愛い孫のために、「祖父母が学費を準備していた」というケースも珍しくありません。あまり高額になると贈与税が心配ですが、祖父母から教育費を一括で贈与できる贈与税の特例などもあります。頼れる親族がいる方は、一度親族に相談してみてはいかがでしょうか。

2)教育ローン

国や金融機関から、教育費を借りるという選択もあります。ローンという名の通り、借金という扱いになりますが、当座の資金が準備できない場合は選択肢として考えても良いでしょう。

なお、担保の有無等や金融機関によって貸し出し金利は異なりますので、利用を検討する場合はいくつかの金融機関を比較するようにしましょう。

3)奨学金

子どもに奨学金を借りてもらうと言うのもよくある手段です。教育ローンと違う点は、返済義務が親ではなく子どもになる点です。ライフプラン上、ご自身で教育ローンを借りても返済が難しい場合は、奨学金も検討すべき手段です。ただし、社会人になってから返済をしていくのは子どもになります。奨学金を申し込む場合は、きちんと子どもとも話をすることが重要です。

日本学生支援機構の奨学金には、借入金利が無利息の第一種奨学金と利息付きの第二種奨学金とがあります。当然、無利息の第一種奨学金は人気が高く、該当するのは難しいと言われています。

しかし、第一種の奨学金で借りられれば利息分だけ得だと言えるでしょう。また、そもそも返済義務のない奨学金等もあるようなので、子どもと一緒に調べても良いでしょう。

前述の通り、初めから子どもが浪人することを想定して学費を準備しているご家庭は珍しいかと思います。予備校の授業料は、多くのご家庭にとって想定外の出費です。その分をどう補てんするのか。家族でしっかり話し合ってくださいね。

平原 直樹
(ブロードマインド株式会社のベテランファイナンシャルプランナー)
第一種証券外務員を保有するお金のプロ。難しいお金の話を分かりやすく解説します。

(提供: Sodan )

【関連記事】
・『贈与税』を学ぶ!(教育資金における一括贈与の非課税について)
ジュニアNISAと学資保険、どちらがおすすめ?
子どもの習い事。費用をサポートする補助制度はある?
子どもに高校留学させたい!留学費用はどう準備したらいい??
子育てにかかる費用をシミュレーション!一体いくらかかるの?