特集「本を読む。」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 広告特集「M&A/事業承継」 専門家たちの金言 特集「不動産投資のはじめ方」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 DC特集
欧米
Written by ZUU online編集部 4,955記事

ECB追加緩和検討の背景

銀行システムへの圧力、ユーロ安効果剥落、投資回復の遅れへの懸念

ECB追加緩和検討
(写真=PIXTA)

要旨

◆ECBが、2月18日、1月20~21日の政策理事会の議事要旨を公開した。

◆1月理事会で、追加緩和の決定を見送る一方、3月10日に予定する理事会で追加緩和を強く示唆したのは、世界市場のリスクが現実化しつつあり、原油安の影響が一時的なものに留まらない兆しが見え始めたなどの認識に基いていたことがわかった。

◆1月理事会後も経済データが急激に悪化してはいないが、世界的な金融市場の不安定でボラティリティの高い動きがユーロ圏の銀行システムを圧迫、ユーロ相場の圧力となり、投資回復を通じた潜在成長率引き上げをさらに困難にするおそれは高まっている。

◆金融政策の効果が限られるとしても、3月にECBが追加緩和に動くことはほぼ間違いない。1月理事会では具体的な選択肢は議論されていないが、12月の段階の議論を踏まえると中銀預金金利のもう1段階の引き下げが有力と考えられる。

◆理事会内に、マイナス金利は資産買入れよりも副作用が小さいとの見方があるが、副作用は時間の経過と共に拡大する可能性があり、注視する方針も示されている。マイナス金利政策で追随した日本としては、今後の動きが気になるところだ。

52292_ext_15_0

次のページ
ECB、3月追加緩和方針で一致した1月20~21日の政策理事会議事要旨を公開
123
page 1 of 3
銀行システムへの圧力、ユーロ安効果剥落、投資回復の遅れへの懸念
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV オバマ大統領任期最後の予算教書。将来に対して意欲的な提案...
NEXT ゴールドマン・サックス、ビッグデータの視覚的分析ツールに投資