HiJoJo Partners CEO スピロ氏が語る ユニコーン投資の世界 株価の動き、今後の展望‥新型コロナウイルスの経済への影響は 野村不動産様ブランドカテゴリ Withコロナ時代の「大」資本改革 THE OWNERの公式YouTube その道のプロが教えるオーナー経営者のための成長戦略 エール少額保険様ブランドカテゴリ テレビ東京ビジネスオンデマンド プライベートバンク完全ガイド 〜PBは富裕層に何を伝えているのか〜 明日からすぐ活かせる!金融営業・富裕層営業のプロセス別完全ガイド 日経CNBC 成績を伸ばしたい全ての富裕層セールスへ

株式投資初心者の最初のハードルは、証券会社選びだ。近年はネット証券各社の手数料値下げ競争などの影響で、人気の証券会社も変化している。どこの証券会社で証券口座を作ればいいのか迷う人も多いだろう。

同じ投資商品を取り扱っている場合でも、証券会社によって手数料やサポート、ツールの使いやすさなどが異なる。投資経験者であれば、自身の投資スタイルに合った証券会社を選ぶことは問題ないケースが多い。
しかし、投資初心者にとって自身に適した証券会社を選ぶことはなかなか難しいだろう。

そこで、2020年4月から7月の4ヶ月間に、当サイトZUU online経由で新規口座開設された証券口座の開設数をもとに、「証券会社の人気ランキング」を作成した。このランキングを見れば、今投資初心者に本当に選ばれている人気の証券会社がわかるだろう。

また、ネット証券を選ぶときの基準である以下の5つの項目を紹介しよう。

  • 人気度
  • 手数料
  • IPO銘柄数
  • 投資信託の銘柄数
  • 投資情報サポート

投資初心者の方はぜひ以下の記事も参考にしてほしい。
【最新】株初心者にもおすすめのネット証券会社ランキング 手数料やツール比較

まずは全般的に使い勝手の高い人気の証券会社で投資を経験して、そこから自分の投資スタイルに合った証券会社を探してみるのもおすすめだ。

証券会社人気ランキング

2020年4月から7月にZUU online経由で申し込まれた証券会社のランキングが以下の通りだ。今人気の証券会社はこの10社だ。

1位 SBI証券
人気度ランキング 手数料
※税込
10万円/100万円
IPO実績(2019年) 投資信託取扱本数
1位 0円〜/838円 84 2657本

口座数500万件超。投資初心者が口座開設するならSBI証券!

SBI証券は証券総合口座開設数が500万口座を越えており、主要ネット証券で第1位を獲得するほど人気がある証券会社だ。
さらに手数料は約定代金5万円までの注文であれば、55円(税込)と、業界屈指の安さである。資産運用初心者であれば手数料は安くしたいはずだ。
また、アナリストによるオンラインセミナーが無料で受けられるなど、サポートも充実している。
資産運用初心者がどこの証券会社を開設しようか迷っているのであれば、SBI証券を開設しておくと問題ないだろう。

【関連記事】

2位 楽天証券
人気ランキング 手数料
※税込
10万円/100万円
IPO実績(2019年) 投資信託取扱本数
2位 0円〜/535円 28 2635本

投資信託なら楽天証券!「ポイントプログラム」を生かしたお得な運用を。

楽天証券は株式の売買や投資信託の積立購入の取引額に応じて、楽天スーパーポイントが貯まる「ポイントプログラム」が特徴だ。投資信託の購入でポイントが還元される証券会社はあまりないため、投資信託をメインにしたい方には適しているだろう。
さらに、投資信託の積立購入の決済方法を楽天カードに設定すると、毎月500円分までの楽天スーパーポイントが還元される。
楽天銀行や楽天カードなど、楽天のサービスをよく利用している方におすすめしたい証券会社である。

【関連記事】

3位 松井証券
人気ランキング 手数料
※税込
10万円/100万円
IPO実績(2019年) 投資信託取扱本数
3位 0円/1,000円 21 1254本

「顧客中心主義」安心のお客様サポートが特徴!

松井証券は「顧客中心主義」に基づいた、わかりやすく利用しやすい証券会社であることが特徴だ。
若い世代に比べてインターネットの普及率が低いと言われている50代以上の利用者が4割を越えているほどである。
また、株式・信用取引の手数料は1日の約定代金合計金額が50万円までなら0円、投資信託の購入時手数料が無料であることも大きなメリットだ。
お客様サポートが電話・メール・チャットで幅広く対応している点も、資産運用初心者にとって嬉しいポイントだろう。

【関連記事】

4位 マネックス証券
人気ランキング 手数料
※税込
10万円/100万円
IPO実績(2019年) 投資信託取扱本数
4位 110円/1100円 48 1176本

米国株の取扱銘柄が豊富!米国株投資ならマネックス証券。

マネックス証券は米国株と中国株の銘柄数が他の証券会社に比べて、豊富なことが特徴だ。
さらに、「USAプログラム」に指定されている米国ETF9銘柄であれば取引手数料が、キャッシュバックされるため実質無料で取引できる。
またIPO(新規公開株)の抽選方法が完全平等を採用しているため、IPOにチャレンジしたい方にもおすすめだ。
外国株の取引やIPOに興味がある資産運用初心者の方は、マネックス証券の口座開設を検討するべきだろう。

【関連記事】

5位 SBIネオモバイル証券
人気ランキング 手数料
※税込
10万円/100万円
IPO実績(2019年) 投資信託取扱本数
5位 220円/1,100円 1 0本
※ETFはあり

少額で株式を学びたい方におすすめ!

資産運用初心者であれば株式を購入するには数十万円の資金が必要と考える方がいるかもしれない。
しかし、SBIネオモバイル証券は1株から株式を売買することが可能だ。
そのため、他の証券会社では購入するために多くの資金を必要とする銘柄でも、SBIネオモバイル証券であれば数百円から購入できる。
また、手数料は月額制となり、50万円までの国内株式約定代金合計金額だと220円(税込)で取引可能。
SBIネオモバイル証券は、まず株式の売買を体験したい方におすすめの証券会社である。

【関連記事】

6位 DMM 株
人気ランキング 手数料
※税込
10万円/100万円
IPO実績(2019年) 投資信託取扱本数
6位 80円/340円 3 0本

最短即日取引が可能!手軽に資産運用を始めたい方に。

DMM株は口座開設時の本人確認をオンラインで完結させられる「スマホでスピード本人確認」がメリットである。本人確認書類と顔写真をオンライン上で申請するため、書類の郵送受取が不要になり最短で即日取引が可能だ。
また、資産運用初心者であれば取引コストを抑えたいはず。DMM株は国内株式の約定代金が5万円以下である場合、手数料は55円。さらに、米国株式の手数料は0円とリーズナブルに取引できる。
DMM株は即日で取引可能であり手数料も安いため、手軽に資産運用を始めたい方におすめしたい。

【関連記事】

7位 SMBC日興証券
人気ランキング 手数料
※税込
10万円/100万円
IPO実績(2019年) 投資信託取扱本数
7位 137円/880円 61 880本

セミナー・レポートなどの投資初心者向けコンテンツも充実!

SMBC日興証券はオンラインだけでなく、実店舗がある証券会社だ。インターネットでの取引に抵抗がある方でも問題ないだろう。
また、IPO(新規公開株)の取扱数が豊富で主幹事を請け負うことが多い。主幹事であればIPOを割り当てする配分が高いため、当選する確率も高まる。そのため、IPO(新規公開株)を始めたい方に特におすすめである。
さらに無料セミナーやアナリストレポートなど、投資を学べるコンテンツが豊富なため、資産運用初心者でも安心して口座開設できるだろう。

【関連記事】

8位 岡三オンライン証券
人気ランキング 手数料
※税込
10万円/100万円
IPO実績(2019年) 投資信託取扱本数
8位 0円〜/880円 35 541本

アプリ、取引ツールの使いやすさなら岡三オンライン証券

岡三オンライン証券のおすすめポイントは、取引ツールが充実していることである。「みんなの株式」ネット証券ランキングの取引ツール部門において、7年連続で1位を獲得するほどだ。
豊富なカスタマイズ性を備えた「岡三ネットトレーダーシリーズ」は資産運用初心者からプロトレーダーまで、多くの投資家に支持されるほど評価が高い。
さらに、スマートフォンのアプリも完成度が高いため、資産運用において取引ツールの使いやすさを重視している方にはおすすめしたい証券会社である。。

【関連記事】

9位 LINE証券
人気ランキング 手数料
※税込
10万円/100万円
IPO実績(2019年) 投資信託取扱本数
9位 176円/869円 0 28本

手軽さとLINE Payへの連携が特徴

LINE証券は普段利用しているLINEアプリから、手軽に資産運用を始められる証券会社だ。株式の場合は1株から購入可能、投資信託は最低100円から投資をスタートできる。
また、LINEの決済サービスであるLINE Payで入出金が可能。LINEポイントを使った投資もできるため、現金を使わずに気軽に投資を始められる。
口座開設もスマートフォンで完結するため、LINE証券は「資産運用は難しい」というハードルを下げてくれる証券会社だろう。

【関連記事】

10位 au カブコム証券
人気ランキング 手数料
※税込
10万円/100万円
IPO実績(2019年) 投資信託取扱本数
10位 90円/990円 24 1183本

様々な金融商品にチャレンジしたい方に!

auカブコム証券は独自の手数料割引と金融商品の豊富さが特徴である。
auカブコム証券が独自に行っている手数料割引は以下のとおりだ。条件に当てはまる方は、口座開設を検討するとよいだろう。
・シニア割引:50歳以上60歳未満であれば2%割引、60歳以上4%割引
・NISA割:auカブコム証券でNISA口座を開設している方は、現物株式の手数料が最大5%割引される
・株主推進割引:三菱UFJファイナンシャル・グループなど、auカブコム証券が指定した銘柄を買付する際の手数料が10%割引される
・auで株式割:auユーザーであれば口座開設時にau IDを登録すると、現物株式の売買手数料が1%割引される
・au割+:auカブコム証券でKDDIの株式を保有している方は、保有株数・保有期間に応じて現物株式の取引手数料が最大15%割引される
また、ETFやREIT、プチ株、先物・オプションなど、さまざまな金融商品を取り扱っている。そのため、新しい金融商品に投資してみたい方にもおすすめの証券会社だ。

【関連記事】

記事一覧

今、読まれている記事