40代以降は体調を崩しやすくなり、大きな病気を患うリスクも高くなります。

50代、60代、そしてこれからは70代も勤労の可能性も多くある中で、従来より長期に及ぶ資産形成時代を健康的に過ごすためにも体に大きな変化が現れる40代は重要な時期と言えるでしょう。

40代以降で体にどのような変化が現れるか?そしてどのような健康になるための行動を起こすことが大切なのかを紹介します。

40代は加齢による影響が顕著に

生活習慣
(画像=PIXTA)

10代・20代をピークにして、30代以降では若い頃に行った不摂生の影響が少しずつ表れ始めてきます。

そして、40代になると加齢の影響により、これまでより一層、体調を崩しやすくなり「健康」を意識せざるを得なくなります。

まずは40代になると、心身にどのような影響が出るのかを認識しておきましょう。

身体能力が低下する

身体能力は30代以降から低下し始めますが、40代以降はそれがより表面化する年代でしょう。

40代はまだ働き盛りですが、適切に疲労のケアをしないと疲れが原因で体調を崩しやすくなります。

特に少し運動しただけでも、全身が筋肉痛になったり、腰痛や膝の痛みなどが長引きやすくなったりします。

逆に、運動不足の状態が続くと体力は急激に低下し、その影響が大きくなるので注意が必要です。30代と同じだと考えて無理して仕事をすると健康を損なう可能性が大きくなります。

また、40代では加齢とともに抵抗力や免疫の機能も低下していくため、体調を崩しやすくなることにも留意が必要です。

普段から運動不足にならないように適度な運動を心がけましょう。

女性だけの問題ではない「男性の更年期障害」

女性の問題と思われがちな更年期障害ですが、加齢によって男性ホルモンの分泌が減少することで、男性でも同様の症状が出てくることがあります。こうした「男性の更年期障害」は、症状が出ているにもかかわらず、自覚していない人も多いと言われています。

男性の更年期障害は、倦怠感や関節の痛みなどの身体的な症状や、不眠や無気力、集中力の低下といった精神的な症状が出る場合があります。

これらの症状を自覚できたとしても、更年期障害を乗り越えられていないまま、会社にも理解されない、そして最悪のケースではほとんど周りに状況を知られずにそのまま退職せざるを得ないというような事態も起きています。

また、更年期障害を定年後に発症する場合もあります。

このようなケースを防止、改善するためにも、更年期障害の原因を含めた理解が必要になります。

睡眠不足やストレスが男性ホルモンの分泌を妨げるといわれています。

そのため、更年期障害を防止するためには、「良質な睡眠をとる」「ストレスを抱えすぎないようにする」といった対策が必要になります。

40代の過ごし方は老後に影響・・・生活習慣の見直しを

40代で感じる不調の多くは、それまでに積み重ねてきた生活習慣が原因です。

代表的なのが、糖尿病です。糖尿病にかかる人は、40歳を過ぎると増えはじめます。

2012年の国民健康・栄養調査では、国内の糖尿病患者数は約950万人、糖尿病予備軍を合わせると2050万人でした。40代以上の6人に1人は糖尿病とも言われています。

また、糖尿病を防止するためには、肥満に注意する必要がありますが、欧米人と比較すると、日本人を含むアジア人はやせていても糖尿病に罹患するリスクが高いという研究もあります。

糖尿病になってしまうと、よりリスクの高い病気が併発する可能性もあります。

具体的には、成人後の失明の原因の第二位である糖尿病網膜症人工透析が必要となる場合がある糖尿病腎症、手足のしびれなどを伴う場合がある糖尿病神経障害などが挙げられます。

これらは「糖尿病の三大合併症」とされていて、こうした病気にかかってしまえば、働き続けることができないどころか、失明や歩けなくなることで介護生活を余儀なくされる可能性すらあります。

こうした糖尿病のケースのように、「どんな病気で、その結果どうなってしまうのか知らない」ままに若い頃から40代までを過ごしてしまうことで、50代以降の病気リスクはさらに大きくなり、健康的な老後を過ごすことが難しくなるでしょう。

何となく積み重ねていく食生活などの生活習慣を見直しこそが、これまで知らずに積み上げてきたツケを払う唯一のチャンスかもしれません。

40代を健康的に過ごす生活習慣の改善案

40代を健康に過ごすためには、下記のような点に注意する必要があります。すべて基本的なことですが、改めて確認しておきましょう。

・運動不足を解消する
・睡眠時間を十分に確保する
・ストレスを解消する方法を見つける
・食生活を見直す
・喫煙・飲酒を控える

長く元気に働くためにも健康を意識する必要がある

さらに40代は働き盛りの年齢でもあります。体調を崩したり、大きな病気になったりすれば働けなくなるリスクも高まります。

「老後2000万円問題」を契機に貯蓄の重要性が叫ばれていますが、資金の備えをするためにも長く元気に働くことは大切です。そのためには、「健康に投資する」という視点を持つことも重要になります。

健診を今の生活習慣に活かすことが大切

健康を維持するためには、生活習慣を見直す必要がありますが、人によって抱える課題や不安は異なります。

自己流で生活習慣を見直したつもりでも、結果的に的外れとなってしまう可能性もゼロではありません。

健康でいるために何をすればいいのか分からない人も多いでしょう。

40代で不調を招く原因は、健康リテラシーの不足による部分も大きく、これを高めなければ、状況は変わりません。

まず自分の体の現在地を知る意味で、人間ドックのような詳細な健診を受診することも一つの手段です。意外と見落としがちな歯や目の疾患などを含めて、一度チェックをしてみるとよいでしょう。

詳細な検査を受けることで、どのような対策をどの程度行うことが自分にとってベストなのかがわかります。

自分にとって最も重要な資本であるカラダを気遣うために、健診を定期的に受診することによって、自らの健康の動態を積極的に把握、管理していくことが重要といえるでしょう。

※KRD Nihombashiは健康保険の使用ができない、自由診療の健診施設です。 健診は、スタンダード、ライト、「歯・目・血」、プレミアム、レディースの各コースをご用意しており、 料金はスタンダードAコースで13万7500円、Bコースで12万1000円、プレミアムでは男性コース22万円、 女性コースは24万8000円となっています。各コースともに、70項目以上の検査項目を実施し、 受診者さまの健康管理をサポートいたします。料金の詳しくは以下をご確認ください。
・KRD Nihombashi 健診の料金 https://www.krd-nihombashi.com/service/price.php
・KRD Nihombashi Email:info@krd-nihombashi.com