年3,000万円を得るFIRE投資家が実践したFIREに必要な「本当の投資」とは?
(画像=kt-studio/stock.adobe.com)

普通のサラリーマンが、経済的自立を伴った上で早期リタイアする「FIRE」を実現するにはどうしたらよいのか。

 普通のサラリーマンから投資を始め、年間3,000万円の不労所得を得て2年前にFIREを達成した「無敵の投資家」こと村野博基氏(45)は20代のころ、株式などで1,000万円以上のお金があったものの、その要因は「いい場所にいただけ」だと言います。

そんな村野氏が最終的にたどり着いた「本当の投資」とは――。

(※本稿は、村野博基『43歳で「FIRE」を実現したボクの“無敵”不動産投資法』(アーク出版)の一部を再編集したものです。)

43歳で「FIRE」(Financial Independence, Retire Early)を実現したボクの無敵不動産投資
43歳で「FIRE」(Financial Independence, Retire Early)を実現したボクの“無敵"不動産投資
社会人になるまで投資のイロハも知らなかったのに、いまや都内に28戸のマンションを持ち、年間の家賃収入は3000万円! といっても、けっして危ない橋を渡ってきたわけじゃない。20代からコツコツと家賃収入を得て、それを資金に次の物件を購入する。気がつけば43歳でアーリーリタイア! どうやって物件を増やしてきたのか?/物件を買う基準は?/なぜ新築物件を買ってはいけないのか?/年齢によって優良物件は変わる…? etc. 誰でも、いつでも始められる、安心・安定した暮らしを実現する不動産投資のすすめ。
※画像をクリックするとAmazonに飛びます

目次

  1. 「本当の投資」とは何かについて考えてみた
  2. 「いい場所」だからこそ、勝てただけ
  3. 本当の投資2カ条を決めておく
  4. 本物の投資第1条:稼ぐためには投資先を選ばないといけない
  5. 本物の投資第2条:自分で決めた期間で必要な資金を集めるべし
  6. いつまでに、いくら使って、いくらにするか、投資先の規模感は三つの尺度で考える
  7. 時間というファクターの大切さ

「本当の投資」とは何かについて考えてみた

 ボクが株式投資に積極的に取り組んでいたのは、インターネット証券各社の出始めの頃でした。勤めていた会社には株式投資に関心がある同僚も何人かいましたが、彼らも本気で株式投資に取り組んでいるわけではありません。

「オマエ、株なんてやってんの? アブナッカシイな」   「儲かるの? いいじゃん。どの株が儲かるか教えてよ」   「バッカじゃないの? きっと大損するよ」    など、いろいろなことをいわれました。いろいろないわれ方をされましたが、結局、当時のボクは株で勝ち続け、1000万円以上のお金をつくることができました。

「いい場所」だからこそ、勝てただけ

 勝った要因をボクなりに分析してみれば、「いい場所にいた」ことに尽きます。「いい場所」とはタイミングとか市場といった意味です。

 たとえば、僕がデンマーク国債を購入した同じ時期に株式投資から始めた同僚のAクンがいます。Aクンは、その数年後、大負けしました。勉強家で仕事ぶりも優秀だったけど、株式投資を始めるタイミングが今にして思えばマズかった。

 Aクンとボクとの差は何か。それはただ単にボクが「円高の時期で外国債に投資した」という「いい場所にいた」、それだけです。知識や努力や投資センスでもなく、頭のよさでもなんでもありません。

 たとえばビットコインでも、出始めの頃、「これだ!」と直感的に判断して投資していれば、誰だって勝てています。では、ボクにその直感的な判断力があったかとなると、そうは思えません。勝ったとしたら、むしろ「たまたま」としか表現のしようがない。

 銀行に預けていても意味がないというか面倒だと思い、証券会社の窓口の人の意見を素直に聞き、自分がいいと思ったから投資する。いろいろな分析して上がると思ったので投資した、というのはあとづけの講釈にしかなりません。    その点からすると、すべてではありませんが、株式投資は運のよし悪しに左右されるといえるでしょう。ボクは運がよかった。勝てる土俵を見つけて勝負するといっても、運がよかっただけかもしれません。

 ちなみに、投資ジャンルには先物もあります。オイルとかコーンとかマテリアル関係の先物ですが、この投資には手を出しませんでした。3000万円をつくるには、手数料が高すぎるのがその理由で、「この市場ではボクは勝てない」と率直に思ったからです。

本当の投資2カ条を決めておく

 たとえあと講釈であったとしても、帰納的な教訓として「どういう投資をしていくべきか」を考え、決めておくことは重要です。それは必ず〝次の投資〟に生きてきます。ボクは次の二つを投資する際に留意しました。それを「本物の投資2カ条」と呼んでいます。

本物の投資第1条:稼ぐためには投資先を選ばないといけない

   ボクはずっとサラリーマンが本業の投資家で、プロの投資家ではありません。プロには「その道のプロ」という専門分野がありますが、ボクにはそれがない。だから、専門分野にこだわらず、経済状況や自分の資金状態などに応じて、投資先を何にするか臨機応変に選べばよいと考えました。

 そのためには、基本的には勝てる投資先=勝てる土俵で勝負しなければなりません。五分五分の一発勝負であれば、それは博打と同じです。勝てると確信できる土俵に立ってこそ、戦わない=無敵という呼び方もできるのです。

本物の投資第2条:自分で決めた期間で必要な資金を集めるべし

 ただ漫然と、勝った負けた、儲かった損したといっていたのでは、土俵に上がった意味がありません。「◯年後にいくら」ということは一人ひとりが決めればよいのですが、決めることが大事なのです。これは「投資の基本」ということができます。その目標が明確にできてこそ、どんな投資をすべきかが明確になってくるからです。

いつまでに、いくら使って、いくらにするか、投資先の規模感は三つの尺度で考える

 3000万円をつくることは20代前半当時のボクの最初の目標です。その頃同時に考えたのは「いくら使ったかによって、いくら儲かったが変わる」ということでした。

 普通は、たくさん使えば、たくさん、しかも早く儲かります。逆に、少しだけしか使わなければ、少ししか儲からず、大きく儲けるには長い時間がかかります。50万円だけだったら年利10%で運用できても1年後は55万円で、5万円の儲けにしかなりません。ところが、1億円あれば年利10%で運用できると1年後には1億1000万円で、1000万円の儲けです。

 つまり、「勝てる土俵に立ち、できるだけ多くの資金をつぎ込めば、より短い時間で大きく儲けることができる」ということです。

時間というファクターの大切さ

 この原則に立ったとき、「目標金額を稼ぐ時間」は複利で投資することによって大幅に短くできます。

 30年の間に1億円を貯めるには、定期預金や外国債など、リスクの少ない、いわば投資の〝正攻法〟がきっとあります。しかし、10年で1億円を貯めるにはもっと違う方法が正攻法となるでしょう。その違う方法とは複利を最大限に活用する、ということです。

 そこでボクは、単に「3年で3000万円をつくる」という漠然とした目標とともに「◯年のうちに、△円を使って、◎円をつくる」とより明快に投資の目標を考えるようになりました。

①「いくらつくる」という「目標金額」
②「いくら使う」という「使える(投資する)金額」
③「いつまでに」という「時間」

 この3項目でそれぞれの投資の「規模感」を捉え、「いい場所かどうか」を判断するようになったのです。

 外国債の投資を始めたときは50万円。それを、この三つの尺度で自分に合う投資先かどうかを判断しつつ、他の債券を購入し、株を売買しました。「3年で3000万円にしよう」という目標はまったく達成できなかったのですが、50万円の元手を本業の給料からのお金も足して3年で1000万円以上にすることができました。

 5%利回りで55万円になったデンマーク債を、そのままにして3年後に3000万円にすると考えると55倍以上(3000÷55=54.5)にしなければならないので大変です。

 しかし、そこに複利を最大限に活用していくという考え方、すなわち「常に元本プラス利息の全額で再投資していく」「寝かせているお金はつくらない」という考え方を入れ3年で1000万円になったお金をあと2年で3000万円にするのはむずかしいことではありませんでした。お金でお金を稼ぐ複利計算に適う投資先を選べばよいだけだからです。

村野博基氏
村野博基氏
1976年生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、大手通信会社に勤務。社会人になると同時期に投資に目覚め、外国債・新規上場株式など金融投資を始める。その投資の担保として不動産投資に着目し、やがて不動産が投資商品として有効であることに気づき、以後、積極的に不動産投資を始める。東京23区のワンルーム中古市場で不動産投資を展開し、2019年に20年間勤めた会社をアーリーリタイア。現在、自身の所有する会社を経営しつつ、東京23区のうち17区に計29戸の物件を所有。さらにマンション管理組合事業など不動産投資に関連して多方面で活躍する。