カードローンというと、あまりいいイメージを持っていない人も多いかもしれない。 しかし、好きなタイミングで自由にお金を借りられるカードローンは、その使い勝手の良さから意外にも高所得者も利用している実態がある。今回は、カードローンの活用法を解説する。

菅野陽平
監修者・菅野陽平
日本最大級の金融webメディア「ZUU online」編集長。株式会社ZUUM-A取締役。経営者向けメディア「THE OWNER」編集長。幼少期より学習院で育ち、学習院大学卒業後、新卒で野村證券に入社。リテール営業に従事後、株式会社ZUU入社。メディアを通して「富裕層の資産管理方法」や「富裕層になるための資産形成方法」を発信している。自身も有価証券や不動産を保有する個人投資家でもある。プライベートバンカー資格(日本証券アナリスト協会 認定)、ファイナンシャルプランナー資格(日本FP協会 認定)保有。編集著書に『富裕層・経営者営業大全』(一般社団法人金融財政事情研究会、2020年7月31日発売)

目次

  1. 高所得者も利用?カードローンとは
    1. 銀行カードローン利用者(消費者金融カードローンと併用している者を含む)
    2. 消費者金融カードローンのみ利用者
  2. カードローンの利用場面
  3. カードローンのメリット
    1. 自由度が高い
    2. 利便性が良い
  4. カードローンのデメリット
    1. 金利設定が高め
    2. 他のローン審査への影響
  5. カードローンを選ぶポイント
    1. 融資にかかる時間で選ぶ
    2. 金利を比較して選ぶ
    3. 使い勝手の良さを重視する
  6. カードローンの種類
    1. 銀行カードローンがおすすめな人
    2. 消費者金融カードローンがおすすめな人
  7. カードローンの審査
  8. キャッシングとカードローンどちらがおすすめ?
  9. カードローンを利用する時の注意点
  10. カードローンを賢く活用する方法

高所得者も利用?カードローンとは

カードローンの活用法
(画像=PIXTA)

カードローンは利用限度額の範囲内で、個人が自由にお金を借りることができる仕組みだ。一般的な銀行借り入れとは異なり担保や保証人を設定する必要がない。利用目的も個人の自由であり、使い勝手が良いことが特徴だ。

主に銀行カードローンと消費者金融カードローンの2種類があり、金利や申し込み後にお金を引き出せるまでの期間など細かい部分が異なる。

カードローンというと、低所得者が生活苦で利用するイメージを持っている人も多いかもしれない。しかし、意外と高所得者もカードローンを利用していることが明らかになっている。

一般社団法人全国銀行協会の「銀行カードローンに関する消費者意識調査(2019年)」によると、カードローン利用者の年収の比率は下記の通りだ。

銀行カードローン利用者(消費者金融カードローンと併用している者を含む)

年収 割合
年収400万円以下 46.5%
年収401万円〜600万円以下 26.7%
年収600万円以上 22.9%

消費者金融カードローンのみ利用者

年収 割合
年収400万円以下 65.0%
年収401万円〜600万円以下 23.4%
年収600万円以上 8.2%

こうして見ると、高所得者も必要に応じてカードローンを活用していることが分かる。また、消費者金融カードローンのみ利用者には、高所得者が少ないという傾向が見られた。

カードローンの利用場面

カードローンの利用場面について、同調査の結果をもとに解説していく。銀行カードローン・消費者金融カードローンともに、利用目的(単一回答)の上位を占めたのは次のような項目だ。

  • 日常的な生活費の支出増加を補うため
  • 給与・ボーナス前の一時的な資金不足を補うため
  • 冠婚葬祭・医療費など、急に多額の資金が必要になったため
  • レジャー・趣味・娯楽を楽しむため
  • 所得(収入)が減少したため

そのほか、次のような利用目的も見られた。

  • 学費・教育費の負担軽減
  • 住宅ローンなどの返済負担の軽減
  • 自己啓発や自身のステップアップのため
  • 現在の生活レベルを維持するため
  • クレジットカードの引き落とし負担の軽減

収入が上がれば、自然と生活レベルも上がることになる。交際費がどうしても削れないという人もいれば、教育には十分なお金をかけたいと考える人もいる。それぞれが必要な項目に関して、カードローンを利用していると言えるだろう。

カードローンのメリット

続いて、カードローンを利用するメリットを解説する。

自由度が高い

1つ目は、自由度が高いことだ。通常の銀行借り入れとは異なり、カードローンでは利用目的が問われない。審査に通過すれば、自由にお金を借りることができる。

利用限度額の範囲内で自由に借り入れができるのも、大きなメリットだ。カードローンの審査に通過しておけば、突然の出費にも焦らず対応できるだろう。

収入にかかわらず、いざというときのため資金に余裕を持たせておきたい人には、カードローンがおすすめだ。

利便性が良い

2つ目は、利便性の良さにある。一度カードローンに申し込めば、その後はいちいち金融機関に出向かずとも、ATMなどで手軽にお金を借りることができる。自分の通帳に借りたお金が振り込まれるよう設定することも可能だ。

また、申し込みの審査に時間がかからないことも、魅力の一つだろう。通常の銀行借り入れでは、資金が振り込まれるまでに1ヵ月以上かかることが一般的だ。しかしカードローンの場合、最短で即日お金を借りられるケースもある。

いちいち面倒な手続きをせず、必要に応じてお金を借りたいという人にも、カードローンがおすすめだ。

カードローンのデメリット

続いて、カードローンのデメリットについても解説する。

金利設定が高め

カードローンは、前述したように審査からお金を借りられるまでの期間が短く、利用限度額の範囲内で自由に借り入れができる。貸し手は、その分のリスクを負うことになるため、金利は高めに設定されている。

前もって必要な金額が分かっており、事業用資金の借り入れなど使用目的が明確な場合は、通常の銀行借り入れを利用するべきだろう。

他のローン審査への影響

カードローンは、他のローン審査に影響を与えることがある。カードローンを使っていた場合、金融機関などから、「予定外の出費が発生したとき、通常の収入では対応しきれていない」という見方をされることがある。

近い将来、住宅ローンを組む予定の人や、起業して事業用資金を借り入れる可能性がある人は、カードローンの利用を控えておいたほうがよいだろう。

カードローンを選ぶポイント

数あるカードローンの中から、どれを選ぶべきだろうか。選ぶポイントを解説する。

融資にかかる時間で選ぶ

カードローンの利用を検討するのは、すぐにお金が必要な場合がほとんどだろう。そんなときは、お金を借りるまでにかかる時間で選ぶのがおすすめだ。

例えば、銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、消費者金融カードローンのほうが早くお金を借りることができる場合が多い。融資にかかる時間を重視するなら、消費者金融カードローンがおすすめとなる。

金利を比較して選ぶ

カードローンの利用を考えてはいるが、すぐにお金が必要というわけではないなら、金利で選ぶのがおすすめだ。銀行カードローンと消費者金融カードローンでは、銀行カードローンのほうが金利は低く設定されている。

お金が必要なタイミングまで余裕があるようなら、金利が低いカードローンを選んだほうがトータルの出費を抑えることができる。金利を重視する人には、銀行カードローンがおすすめだろう。

使い勝手の良さを重視する

融資にかかる時間や金利に加えて、使い勝手の良さを重視してカードローンを選ぶのもおすすめだ。例えば、ATMが近くにある銀行のカードローンなら、好きなタイミングで借り入れができるというメリットを享受しやすいだろう。

また、万一のことがあった場合、保険金が債務に充当されるという保障つきカードローンもある。いざというとき、家族に負担をかけたくないという人は、保障つきのカードローンを選ぶのもよいだろう。

手続きに不安があるなら、コールセンターのサポートが充実しているカードローンを選ぶのがおすすめだ。オペレーターの丁寧な案内があれば、初めての契約でもスムーズに完了するだろう。

カードローンの種類

次に、カードローンの種類について解説する。

銀行カードローンがおすすめな人

銀行カードローンは、消費者金融カードローンと比較すると、金利が低く設定されている。ATMが多いため、お金が必要なタイミングで借りやすいというメリットがある。

メガバンクや地方銀行など多数の銀行が提供しており、金利が低いことにメリットを感じる人、銀行が提供していることに安心感を覚える人におすすめだ。

消費者金融カードローンがおすすめな人

消費者金融カードローンの特徴は、審査スピードが早く最短で即日お金を借りられるということだ。銀行カードローンとは違い、土日祝日でも申し込みできるところがほとんどだ。一方、銀行カードローンと比べると金利の設定は高めになっている。

とにかく急な出費に対応したい人、銀行カードローンの審査に通らなかった人には、消費者金融カードローンがおすすめとなる。

カードローンの審査

カードローンの審査で、どのような項目をチェックされるかは、気になるところだろう。一般的に、勤務先・勤続年数・職業・年収・他社借り入れといった項目が審査対象となる。勤務先が大企業の場合や、勤続年数が長い、年収が高いといったケースであれば、審査には通りやすくなる。

このほか、第三者機関の信用情報をもとに審査が行われることになる。信用情報とは、クレジットカードやローンの申し込み状況、返済状況、各種支払い状況などの情報だ。過去に自己破産を経験していると、不利になる場合がある。

キャッシングとカードローンどちらがおすすめ?

カードローンとよく似たサービスに、クレジットカードのキャッシング機能がある。キャッシング機能とは、クレジットカードを使ってATMでお金を借りられる仕組みのことだ。

クレジットカードを作るときにキャッシング機能を希望すれば、審査を受けた時点で利用限度額が定められる。利用限度額の範囲内で自由にお金を借りられるという点では、カードローンと同様だ。

一方で、キャッシング機能の利用限度額はカードローンの利用限度額よりも低めで、10万円から100万円程度が一般的だ。

また、返済方法においても違いがある。カードローンでは、借りた金額を毎月少しずつ返済していくことになる。一方キャッシング機能の場合、クレジットカードの翌月請求の時点で、一気に請求されることが多い。

ただ、最近ではリボ払いを選択できるキャッシング機能つきクレジットカードも増えてきているため、返済方法については確認が必要だ。

一般的に、カードローンのほうがキャッシング機能より金利が低い傾向がある。クレジットカードのキャッシング機能を頻繁に利用しているという人は、金利を比較したうえで、カードローンに切り替えることをおすすめする。

カードローンを利用する時の注意点

上手に活用すればメリットも多いカードローンだが、利用するときの注意点も知っておかなければならない。

繰り返しとなるが、カードローンの魅力は自由度の高さや使い勝手の良さだ。しかし、利用しやすいからといって頻繁にカードローンを使っていると、知らないうちに借入残高がふくれ上がってしまうことになりかねない。

カードローンで生活に余裕を持たせるつもりが、返済に追われてかえって生活が苦しくなってしまっては本末転倒だ。

また、好きなタイミングでお金を引き出しリボ払いで返済していくカードローンでは、何に使ったかを把握しにくくなることがある。カードローンを利用するときは、利用目的や利用金額を家計簿にメモしておくなど、自分なりの工夫を怠らないようにしたい。

カードローンを賢く活用する方法

意外と高所得者も利用しているカードローン。利用限度額の範囲内で自由にお金を借りられるカードローンは、上手に活用すれば毎日の生活に余裕を生み出してくれるだろう。

一方で、カードローンにはデメリットやリスクがあることをしっかり認識し、節度を持って利用することが重要である。