「お金を貯めよう」と考えたときの最初の選択肢として銀行の「定期預金」を思いつく人は多いだろう。金融資産保有状況に関する統計調査でも、さまざまな金融商品があるなかで、「定期預金による貯蓄額が最も多い」という結果がある。低金利の時代といわれ続けているが定期預金にはさまざまなメリットがあるからこそ、多くの人が利用しているのではないだろうか。

それでも、いざ定期預金にお金を預けようとすると、どこの銀行の定期預金を選ぶか迷ってしまうという人もいるのではないだろうか。そこで今回は、定期預金の特徴とともに賢い選び方について解説していく。

菅野陽平
監修者・菅野陽平
日本最大級の金融webメディア「ZUU online」編集長。株式会社ZUUM-A取締役。経営者向けメディア「THE OWNER」編集長。幼少期より学習院で育ち、学習院大学卒業後、新卒で野村證券に入社。リテール営業に従事後、株式会社ZUU入社。メディアを通して「富裕層の資産管理方法」や「富裕層になるための資産形成方法」を発信している。自身も有価証券や不動産を保有する個人投資家でもある。プライベートバンカー資格(日本証券アナリスト協会 認定)、ファイナンシャルプランナー資格(日本FP協会 認定)保有。編集著書に『富裕層・経営者営業大全』(一般社団法人金融財政事情研究会、2020年7月31日発売)

目次

  1. そもそも定期預金とは?
  2. 定期預金のメリット
    1. 預入期間(満期)を選択でき、目的に合わせて利用しやすい
    2. 「貯める」のに適している
    3. 他の金融商品(投資商品など)に比べて流動性が高い
    4. 金利キャンペーンが行われることがある
    5. 1,000万円までは預金保護の対象となり、安全性が高い
  3. 金利表示の見方と注意点
    1. 金利表示は年利が基本
    2. 税引き前の年利が表示されている
    3. キャンペーン金利は預入時のみ適用
  4. 銀行ごとの金利の傾向
    1. メガバンク
    2. 地方銀行
    3. ネット銀行
  5. まとめ

そもそも定期預金とは?

定期預金
(画像=PIXTA)

多くの人が利用している定期預金。貯蓄商品の定番であるだけに特徴などを分かっているようで、理解していない部分もあるかもしれない。そのため「定期預金とはどのような金融商品なのか」について、あらためて仕組みや特徴を確認しておこう。

定期預金は、最初に「預入期間を指定してお金を預ける預金」のことで、原則としてその期間が終了するまでお金を引き出すことはできない。

指定できる期間は銀行によってさまざまだが多くの場合は数ヵ月~10年程度の間で選べるようになっており、なかには数週間で指定できる銀行もある。原則として預入期間の制限がなく、いつでも出し入れ自由の普通預金と違い、一定期間引き出しを制限される定期預金は、普通預金よりも高めの金利が設定されている傾向がある。

しかし、指定していた満期が来る前にお金を引き出す場合には中途解約となり、定められていた金利よりも低い中途解約利率が適用されてしまう。一般的な定期預金と普通預金との違いを簡単に表にまとめてみたので参考にしてほしい。

ZUU online編集部作成

預入期間経過(満期)後に元金と利息を受け取れる仕組みだが、満期後の取り扱いにもいくつかの選択肢が用意されている。基本的には「解約」するか「継続」するかの2つだ。解約する場合には元金と税引き後の利息が普通預金口座に振り込まれる。継続する場合にはさらに選択肢があり、基本的には次のどちらかを選べる。

・元利自動継続:元金と税引き後の利息の合計額が前回と同じ預入期間で自動継続される
・元金自動継続:元金は前回と同じ預入期間で自動継続され、税引き後の利息は普通預金口座に振り込まれる

元利自動継続の場合、継続後は「元金+利息」に利息が付く複利方式となる。継続していくにつれて、利息が利息を生み出し、利息額が大きくなるシステムだ。一方、元金自動継続では、満期になるたび利息を受け取るため、継続時も金利が変わらなければ毎回の利息の額は同じとなる。

長期投資とは?メリットを最大限活かす方法を具体的に解説
【保存版】資産形成とは?メリットやリスク、始め方を徹底解説

定期預金のメリット

次に定期預金を利用するメリットを確認していこう。

預入期間(満期)を選択でき、目的に合わせて利用しやすい

預入期間は銀行によって取り扱いが異なるが、数週間から数年程度まで幅広く期間指定できるため、目的に合わせて利用しやすい。例えば、車検代や年払い保険料など今すぐは必要ないが支払いの時期と金額が決まっているお金などに向いている。他にも結婚資金や子どもの進学資金(入学金)など目的は人によってさまざまだ。

少額からでも預入れるため、まだ使い道や運用先が決まっていないボーナスや臨時収入も「とりあえず」定期預金に預けておくこともできる。

「貯める」のに適している

生活で利用している口座が1本しかなければ「貯蓄分」と「消費分」のお金の区分けをするのは難しくなる。よほど金銭管理に長けた人や強固な意志の持ち主でない限り口座残高に余裕があればつい使ってしまいがちだ。

その点、定期預金は満期前に引き出すと中途解約利率が適用されるため、多くの場合は満期まで手をつけたくないと思うだろう。定期預金を利用することで貯蓄の確実性が高まる点はメリットだ。

他の金融商品(投資商品など)に比べて流動性が高い

一般的な定期預金の場合、満期前にお金を引き出すと中途解約利率が適用されるが預入れた元金が減ってしまうわけではない。中途解約利率は普通預金金利と同程度とする銀行が多く、予定していたよりも少ない利息しか受け取れなくなってしまう。

しかし、預入れから解約までの期間に応じた利息が預入元金と合わせて支払われる点は安心できる。

投資信託や株式などのいわゆる投資性商品は、予期せずお金の引き出しが必要になったときに元本割れしていれば解約(売却)するのをためらってしまうかもしれない。そのため、資金の流動性といった面では定期預金のほうが高いだろう。いつ予期せぬ事態でお金が必要になるか分からない時代では、緊急時に引き出しやすい定期預金の流動性のメリットをうまく活用したいものだ。

金利キャンペーンが行われることがある

長引く低金利市場の影響で銀行預金の金利が低いことは否めないが同じ銀行の預金商品でも定期預金は普通預金よりは高利で設定されている。また、預入時の金利は(当初預入期間は)保証されているため、仮に満期までの間に市場金利が下がっても満期までは当初の金利で計算された利息を受け取ることが可能だ。

例えば、通常よりも金利を高めに設定した金利キャンペーンが行われることもある。そのため、キャンペーンをうまく活用してできるだけ高い利率の商品を検討するとよいだろう。

1,000万円までは預金保護の対象となり、安全性が高い

万が一、定期預金口座のある金融機関が破たんしても円建て定期預金は普通預金などと合計し1金融機関につき預金者1人あたり元金1,000万円とその利息分まで保護される。ただし、定期預金には一部外貨建てを行うような商品もあるが、外貨預金は預金保護対象とはならないので注意が必要だろう。

【2020年版】資産運用の初心者は必読!投資デビューのための必須知識
投資信託の利回りとは何か?利回りだけで投資信託を選んではいけない3つの理由」とは?

金利表示の見方と注意点

定期預金のメリットの一つとして「金利」を挙げたが金利に関しては注意点もある。一概に目先の数字だけで「高い」「低い」を判断するのではなく金利表示の見方についても正しく理解しておこう。

金利表示は年利が基本

銀行の店頭ポスターやホームページなどで表示されている金利は、基本的に「年利」である。年利とは「1年あたりの利率」を意味し、1年間預けたときに付与される利息の割合のことだ。例えば、100万円を年利0.1%の定期預金に1年間預けた場合、「100万円×0.1%=1,000円」と算出され利息は1,000円(税引き前)になる計算だ。

前述したように定期預金には預入期間が1年に満たないものもあるが、その場合でもパンフレットなどでは通常年利で表示されていることが多い。つまり、満期時にいくらの利息が付くか考える際には、預入期間に応じて計算しなければならないのだ。例えば、100万円を年利0.1%の定期預金に2週間預ける場合の計算式は「100万円×0.1%×14日÷365日=38円」となり、利息は38円である。

表示金利0.1%の定期預金に100万円を預ける場合、預入期間の違いで利息額は次のように変わる。

ZUU online編集部作成

税引き前の年利が表示されている

表示金利は基本的に「税引き前の年利」であることにも注意しよう。通常、預金利息には20.315%(国税15.315%(復興所得税含む)、地方税5%)の税金がかかり実際の手取り利息は源泉徴収後の金額だ。

預入れる際には、預入期間に応じた利息を計算するとともに税引き後の利息がいくらになるか確認しておくことが大切だ。上記の例を用いて税引き後の利息を計算してみよう。

100万円×年0.10%(税引き前)×14日÷365日=38円
38円×15.315%(国税)=5円(円未満切り捨て)
38円×5%(地方税)=1円(円未満切り捨て)
38円-5円-1円=32円(税引き後利息)

同様にして預入期間ごとに計算すると税引き後の利息は次のようになる。

ZUU online編集部

キャンペーン金利は預入時のみ適用

キャンペーン金利は「当初預入期間だけに適用されること」も知っておくべきだろう。満期後に自動継続する場合、一般的には自動継続後の預入れに対しては通常金利が適用される。なおキャンペーン金利が適用される定期預金の預入期間も必ず確認しておこう。先述したように表示金利は「年利」だがキャンペーン金利が適用されるのは1年より短い期間になっていることもある。

例えば、キャンペーンで通常よりも高い金利が適用されても1ヵ月間だけで1ヵ月後の更新時には通常金利になるようなケースも少なくない。

不労所得を得たい人が注目する高配当株とは?
投資のリスクを抑制する「分散投資」のイロハ

銀行ごとの金利の傾向

定期預金にお金を預けるなら、やはり少しでも金利の良いものを選びたいものだ。金利は銀行によって異なるが一般的には店舗型銀行に比べてネット専用銀行や通常銀行のインターネット支店などのほうが金利としては高い傾向がある。2016年に始まった日銀のマイナス金利政策やコスト増の影響を受けこれまでも各銀行は金利を下げたり手数料体系を変更したりしてきた。

しかし、2020年の春ごろから定期預金金利をさらに下げる銀行が続出している。参考までに銀行種類ごとの最近の金利の傾向を知っておくと良いだろう。

メガバンク

長く定期預金相場は0.01%(年利・税引き前)であったが0.002%(年利・税引き前)へと引き下げ傾向にある。低金利とはいえ、これまでは普通預金金利(0.001%/年利・税引き前)の10倍程度の金利が付いていたが0.002%に引き下げられると普通預金金利の2倍にしかならない計算だ。

地方銀行

地方銀行もメガバンクに追随して0.01%から0.002%へ引き下げている傾向だ。給与振込みなどで普段から地方銀行を利用している人も多いだろう。知らない間に定期預金金利が下がっていないか確認しておこう。

ネット銀行

メガバンクや地方銀行は比較的横並びであり、また預入金額や預入期間にかかわらず単一金利を設定している傾向がある。しかし、ネット銀行は銀行や預入金額、預入期間によって実にさまざまである。例えば、2週間定期で年利0.1%(2020年7月15日時点)という銀行もある。一般的にメガバンクや地方銀行に比べて金利が高めであることは前述したが、お得な金利の定期預金を探してみると良いだろう。

ネット銀行では比較的短期間の定期預金を取り扱っているところも多く、期間が短いもので元利自動継続しながら複利効果でお金を増やしていくのもおすすめだ。前述したような注意点はあるものの期間が短ければキャンペーンなどでお得な金利の定期預金を見つけたときに預け替えやすい良さもあるだろう。予測がしにくい時代ではいざというときに引き出しやすいお金を確保しておきたい。

定期預金を選ぶときには目先の金利だけでなく実際に税引き後いくらの利息が入ってくるのかを注目するようにしよう。

まとめ

定期預金は原則として満期までお金を引き出せない預金だ。しかし、普通預金に比べると金利は高めに設定されている。将来の予測がしにくい時代だからこそしっかりと貯蓄を増やせるように金利の高いものを選ぶのがおすすめだ。低金利が長く続く昨今では多くの銀行が定期預金金利を下げている傾向にある。しかし、メガバンクや地方銀行に比較するとネット銀行は金利が高めな点は魅力的だ。

短期の定期預金を取り扱っている銀行も多く複利効果を利用してお金を増やしていきやすい。定期預金には注意すべき点もあるが賢く金融機関を選んで堅実に貯蓄をしていこう。