近年、投資に興味を持つ方や新しく始める方が増えています。投資には、さまざまな種類がありますが、中でも「投資信託」は初心者でも取り組みやすいと人気を集めています。投資信託とはどのようなものか、基本的なところから確認していきましょう。

菅野陽平
監修者・菅野陽平
日本最大級の金融webメディア「ZUU online」編集長。株式会社ZUUM-A取締役。経営者向けメディア「THE OWNER」編集長。幼少期より学習院で育ち、学習院大学卒業後、新卒で野村證券に入社。リテール営業に従事後、株式会社ZUU入社。メディアを通して「富裕層の資産管理方法」や「富裕層になるための資産形成方法」を発信している。自身も有価証券や不動産を保有する個人投資家でもある。プライベートバンカー資格(日本証券アナリスト協会 認定)、ファイナンシャルプランナー資格(日本FP協会 認定)保有。編集著書に『富裕層・経営者営業大全』(一般社団法人金融財政事情研究会、2020年7月31日発売)

目次

  1. 投資信託ってどんなもの?
    1. 投資信託とは
    2. 投資信託の利益の出し方
    3. 利回りの考え方が大切
  2. 投資信託が初心者に人気の理由
    1. 1.個別銘柄の分析や配分(お金の割り振り方)を運用のプロに任せられる
    2. 2.手軽に分散投資が実践できる
    3. 3.元手資金が多くなくても始められる
    4. もう1つのポイント:「つみたてNISA」や「iDeCo」に対応できる
  3. 投資信託のデメリット
    1. 元本保証ではない
    2. 手数料がかかる
  4. 投資信託の始め方は?投資開始までの手順
    1. 1.投資用の資金を用意する
    2. 2.金融機関の口座を用意する
    3. 3.投資信託を選ぶ
    4. 4.発注の手続きをする
    5. 5.値動きを見守る
  5. 投資信託の選び方
    1. 投資の目的と目標を考える
    2. リスクとリターンを知る
    3. 投資信託の種類を押さえる
    4. 何に投資するのか(投資する資産)
    5. どこに投資するのか(投資するエリア)
    6. どんな風に投資するのか(投資方針)
    7. その他のポイント
  6. 初心者でも失敗しにくい投資のコツ
    1. 長期・積立・分散投資
    2. 余裕を持って取り組む
  7. 投資信託を理解して、うまく活用しよう

投資信託ってどんなもの?

投資信託
(画像=tamayura39/stock.adobe.com)

まず、投資信託とはどのようなものなのか、基本を整理しておきましょう。

投資信託とは

投資信託とは、多数の投資家が出し合ったお金を1ヵ所(ファンド)にまとめ、それを運用のプロ(ファンドマネージャー)が株式や債券、不動産などさまざまな投資先に分散させて運用する仕組みのことです。略して「投信」と呼ばれることもあります。

投資信託

投資家は、いくつもあるファンドの中から自分の投資の方向性や好みに合ったファンドを選び、お金を出して購入します。あとはプロが、事前に示してある運用方針に従って、適切と思われる投資先に資金の配分を考えて投資していきます。

投資信託の利益の出し方

投資信託は、株式と同じように価格が日々変動していきます。運用がうまくいけば、投資信託の価格(基準価額)が上がります。価格が安いときに投資を始めて高くなったときに売却すれば、その差額分を自分の利益とすることができます。この利益は「値上がり益」や「キャピタルゲイン」と呼ばれています。

また、投資信託には出資した金額に応じてお金を受け取れる「分配金」というしくみがあります。投資信託によって、年1回受け取れるもの、毎月受け取れるもの、分配金がないものなどさまざまあるため、投資前に確認しておきましょう。

分配金は、多ければ多いほどいいと思うかもしれません。しかし、中には「利益の還元(普通分配金)」ではなく投資の元本を払い戻して分配金(特別分配金)としている場合もあります。投資信託が特別分配金を支払うと、その分基準価額が下がります。

元本を切り崩さずにできるだけ大きい金額を投資できた方が運用の成果を上げやすくなるため、長期的な値上がり益に期待している場合は、分配金がないタイプを選ぶのも1つの方法です。

利回りの考え方が大切

投資信託では、利回りの考え方が重要になってきます。利回りとは、投資金額に対する収益の割合のことで、通常1年間の年利回りを指します。この中には、前述した売却損益も含まれます。

計算式は、「利益÷投資金額×100」で表され、数年単位の利回りを計算する場合は「(利益÷運用年数)÷投資金額×100」を使用します。

たとえば、1年間で100万円を投資したとしましょう。利益は5万円とします。

50,000円÷1,000,000円×100=5

利回りは5%となります。

これはあくまで「表面利回り」といわれる簡易的な計算となります。実際には税金や手数料など運用に使用したコストを差し引いた「実質利回り」を求める必要があります。

投資信託では、投資した元本がどのくらいの期間でどれだけの利益になるかを押さえておくことが大切です。そのときに役立つのが、「利回り」という考え方です。投資信託を始める場合は、このポイントをしっかり頭に入れておきましょう。

投資信託が初心者に人気の理由

投資信託は、ほかの投資と比べて特に初心者に人気があります。その理由として、おもに次の3つが挙げられます。

1.個別銘柄の分析や配分(お金の割り振り方)を運用のプロに任せられる
2.手軽に分散投資が実践できる
3.元手資金が多くなくても始められる

1つずつ見ていきましょう。

1.個別銘柄の分析や配分(お金の割り振り方)を運用のプロに任せられる

投資初心者の場合、投資先の企業の業績や国の政策の動向などを自分で見極めるのは難しいと感じる方が多いでしょう。投資信託であれば、おおまかな方針だけ確認してあとはお金を出すだけで、細かいことはプロが見極めてくれます。自分で個別銘柄を分析するために必要な手間・時間・知識などを省略することができる点がメリットです。

初心者だけではなく経験豊富な投資家でも、得意なジャンル以外の投資先を開拓するときや、個人投資家では入手が難しい銘柄に投資したいときなどに利用している方もいます。

2.手軽に分散投資が実践できる

投資信託は、1つ選べばその中で複数の銘柄に分散されて投資が行われます。これも人気のポイントです。1つの銘柄に集中してお金を投入するよりも、複数に分散させて投資した方がリスクを抑えられて失敗しにくくなります。

投資の世界には、分散投資の重要性を説くための「卵は1つのカゴに盛るな」という格言があります。卵(大切な財産)を1ヵ所のカゴにまとめて置いていた場合、もしカゴをひっくり返してしまったら卵が全滅してしまいます。これを複数のカゴに分けて置いておけば、もし1つのカゴにトラブルがあって中身がダメになったとしても、残りの卵は無事の状態を保つことができます。

バラバラの銘柄、バラバラの業界、バラバラの資産、バラバラの投資タイミングとできるだけ分散させておくことでリスクを下げられます。投資信託なら初心者でもこれを手軽に実践しやすくなります。

3.元手資金が多くなくても始められる

少額でも取り組めるという点も、初心者に受け入れられやすい理由の1つです。1回の投資で必要な金額は、株式投資では数十万円、不動産投資では数千万円が一般的なのに比べ、投資信託は「100円から」「1,000円から」など子どものお小遣いのような金額でもスタートすることができます。

最近は「お買い物で貯めたポイントを使って投資信託を購入できる」というサービスを打ち出している証券会社も出てきています。もし運用に失敗してもダメージが少なくて済むため、気楽に「お試し」や「練習」のような感覚で取り組んでいる方もいます。

もう1つのポイント:「つみたてNISA」や「iDeCo」に対応できる

投資信託のメリットとしてもう1つ押さえておきたいのが、「つみたて NISA」や「iDeCo」といった投資の税制優遇制度に対応できる点です。

投資で得た利益には、通常約20%の税金がかかりますが、これらの制度を使えば非課税になります。投資の非課税制度にはいくつかの種類がありますが、「つみたて NISA」の投資対象は一部の投資信託のみ、「iDeCo」も投資信託が中心となっています。

これらの制度を活用すれば、支払う税額を抑えられて手元に残る金額を大きくできます。初心者でもぜひ利用を検討しておきたいところです。

投資信託のデメリット

メリットだけではなく、投資信託のデメリットについても見ておきましょう。

元本保証ではない

投資信託はプロに運用を任せられるとはいえ、定期預金のように元本保証があるわけではありません。運用の結果次第では、投資を開始したときの金額よりも投資したあとの金額の方が小さくなってしまう「元本割れ」という状態になる可能性もあります。

多くの利益を望むほどリスクが高くなるのが、投資の原則です。元本割れになる可能性も頭に入れながら、うまくリスクをコントロールして投資していきましょう。

手数料がかかる

投資信託には、さまざまな手数料がかかります。

・投資信託を購入したとき……買付手数料(購入時手数料)
・投資信託を保有しているとき……信託報酬(運用管理費用)
・投資信託を売却したとき……信託財産留保額

手数料がいくらかかるのかは、投資信託やそれを扱っている金融機関によっても異なります。投資前に確認しておき、なるべく安く済ませられるところを選びましょう。

投資信託の始め方は?投資開始までの手順

「これから投資信託を始めたい」と思ったらどうすればいいのか、具体的な手順について見ていきましょう。

・1.投資用の資金を用意する
・2.金融機関の口座を用意する
・3.投資信託を選ぶ
・4.発注の手続きをする
・5.値動きを見守る

1.投資用の資金を用意する

まずは、投資に回すためのお金を用意するところからスタートしましょう。投資の基本は「余裕資金」を使うことです。

家計を整理して、預貯金はいくらあるのか、そのうち生活費や引き落としのために置いておかないといけない金額はいくらなのか考えましょう。さらに、失業や病気など緊急時に備えておくためのお金(目安は月給3~6ヵ月分程度)や数年以内に利用することが決まっているお金(子どもの進学資金など)を引き算します。

残った金額が、あなたの余裕資金です。その金額の範囲内で取引するようにしましょう。「最初は数百円程度から試したい」という方はそこまで厳密に気にしなくても大丈夫ですが、慣れないうちは失っても気にならないくらいの金額から始めて徐々に拡大していくのがおすすめです。

2.金融機関の口座を用意する

投資信託への投資を始めるときは、金融機関で投資用の口座を用意する必要があります。投資用の口座は、銀行や証券会社などで開設できます。金融機関ごとに以下のような点が異なるため、比較・検討して自分に合った金融機関を選びましょう。

・取扱商品の数やラインナップ
・手数料
・使い勝手
・サポート体制
・貯まるポイント など

3.投資信託を選ぶ

投資用の口座が用意できて、投資用の資金を入金できたら、いよいよお金を託す投資信託を選ぶステップです。投資信託の選び方については、この後の章で詳しく解説します。

4.発注の手続きをする

投資信託を選んだら、購入するための手続きを行います。株式や為替と違い、投資信託は基本的に1日1回しか価格が変わりません。そのため、1分1秒の細かいタイミングを見計らってボタンをクリックする必要はありません。

単発で1回だけ購入することもできますし、今後定期的に購入し続けて自動的に積み立てていくように設定することも可能です。投資信託の積立は、投資のタイミングを分散させることにつながり、高値掴みのリスクを下げられるため、初心者の方にもおすすめです。

この「投信積立」のサービスを提供している金融機関は多く、中にはクレジットカードで決済できて「カードのポイントを貯めながら投資ができる」ということをウリにしているところもあります。

5.値動きを見守る

投資信託の購入が済んだ後は、定期的に「運用報告書」が届きます。報告書ではどんな風に運用されているのか、運用がうまくいっているのかを確認できます。

慣れないうちは値動きが気になって、つい毎日チェックしてしまいたくなるかもしれません。でも、投資信託への投資は数年や数十年単位の長期で取り組むのが基本です。そのため、日々の値動きに一喜一憂する必要はありません。

実際、投信積立を利用している投資家の中には年1回程度しか確認しないという方も少なくありません。じっくり腰を据えて値動きを見守っていくようにしましょう。

投資信託の選び方

ここからは、投資信託はどのように選べばいいのかという点について見ていきましょう。投資先として選べる投資信託は6,000種類近くあります。それだけ数がある中から、どうやって自分に合う投資信託を選べばいいのでしょうか。ポイントは以下のとおりです。

投資の目的と目標を考える

自分に合った投資信託を選ぶために、まずは自分が投資する目的と目標について考えてみましょう。

たとえば「10年後に会社をセミリタイアできるぐらいの収益をあげたい」という方と「30年後に定年を迎えるときまで、少しお金を増やすことができていたらいいな」という方ではリスクの取り方も選ぶべき商品もまったく異なってきます。

「いつまでに、いくらくらい増やしたいのか」、まずはそれを具体的に考えてみましょう。

リスクとリターンを知る

高いリターンを求めるなら、その分高いリスクを取る必要があります(ハイリスク=ハイリターン)。逆に、投資はまだ怖いからできるだけリスクを抑えたいということであれば、期待できるリターンは少なくなります(ローリスク=ローリターン)。

自分がどれくらいの利益を求めたいのかと同時に、どれくらいまでならお金が減っても大丈夫か(どれくらいのリスクを許容できるのか)という点についても考えておく必要があります。

投資信託の種類を押さえる

投資信託にはいくつかの分類方法があり、それぞれに特徴があります。自分のスタイルに合ったものはどれか内容を確認しておきましょう。

何に投資するのか(投資する資産)

投資信託には、株式を中心に投資するものもあれば、債券を中心に投資するものもあります。不動産、小麦やトウモロコシ、金・プラチナなどを対象とするものもあり多種多様です。いくつもの資産にまたがってバランスよく投資することを目指している投資信託もあります。

何に投資するかによって値動きの仕方も異なり、一般的にはリスク(リターン)の低い順に「債券→不動産→株式」となっています。まず自分は何に投資したいのか考えてみましょう。

どこに投資するのか(投資するエリア)

日本国内の銘柄に限定して投資する投資信託もあれば、海外だけに投資するものもあります。また、海外の中でも先進国・新興国、あるいはアメリカなど特定の国に限定して投資する商品もあります。

基本的にリスク(リターン)の低い順に「日本国内→先進国→新興国」となります。先述の投資する資産と合わせてリスクやリターンを見てみると、以下のようになります。

バランス

「せっかくだからできるだけ増やしたい」「余裕資金だからなくなってもかまわない」ということであれば、ハイリターンを狙って海外株式に挑戦するという選び方ができるでしょう。

「投資はまだ慣れていなくて怖い」「大きく増えるより減らないことを重視したい」という方は、日本国債を中心にした投資信託などを選べば、期待できるリターンは小さいかもしれませんが不安を和らげることができます。自身の考え方に基づいて選びましょう。

どんな風に投資するのか(投資方針)

投資信託の分け方でもう1つ覚えておきたいのが、投資方針による分類です。おもにインデックス型とアクティブ型の2種類があります。

インデックス型は日経平均株価など特定の指標を決め、それと同じような値動きをすることを目指して作られている投資信託です。アクティブ型は、積極的に運用して指標を上回ることを目指している投資信託です。

アクティブ型は高いリターンを目指している分、ハイリスクになりがちです。難易度の高い運用になるため、手数料もインデックス型に比べ高い傾向があります。初めての投資信託であれば、インデックス型の方が取り組みやすいかもしれません。

その他のポイント

同じジャンルに投資する投資信託で迷ってしまったら、手数料にも注目してみましょう。特にその投資信託を保有している間にかかる「信託報酬」は投資信託ごとの差が出やすい部分です。手数料は、証券会社などの銘柄紹介ページや目論見書(投資信託の取扱説明書)に記載されています。

どこの何にいくら支払って投資するのかは、確実に押さえておきたいポイントです。慣れてきた方やもう少し本格的に取り組みたいという方は、純資産残高やシャープレシオなども確認すると良い判断材料となるでしょう。

初心者でも失敗しにくい投資のコツ

初心者が投資に挑戦するなら、まずは「大きくお金を増やす」よりも「大きな失敗をしない」ことに重点をおきましょう。

初期の段階で大きな失敗をして、もう二度と投資ができないくらい金銭的にも精神的にもダメージを負ってしまうと、そこで損失が確定してしまいます。小さな失敗を何度か重ねても、再チャレンジできる余力を残しておけば、長年繰り返しているうちに慣れてきて初期に出した損失を上回る利益を出せるかもしれません。

ここでは、大失敗を避けるためのコツを2つご紹介します。

長期・積立・分散投資

初心者におすすめなのが「長期・積立・分散投資」です。リスクを抑える投資の王道的な方法です。長い目で見て、さまざまな投資対象に少額ずつでもコツコツと積み立てていくようにしましょう。

その真逆が「短期・一発・集中」です。短期間で一度にまとまった金額を1つの銘柄に集中させて投資する方法は、上手くいけばハイリターンが狙えますが、その分失敗したときのダメージが大きくなるため初心者にはおすすめできません。

余裕を持って取り組む

一見関係なさそうに見えるかもしれませんが、「余裕を持って取り組む」ことも投資には必要なことです。まずは金銭的な余裕をもって取り組む、つまりなくなっても生活に支障をきたさないくらいの金額で取り組みましょう。

「金銭的な余裕」だけではなく、長い目で見て焦らず取り組む「時間的な余裕」や「精神的な余裕」も重要です。もし「このお金を来月までに〇パーセント増やさないと生活が成り立たない」というような切羽詰まった状態になってしまったら、冷静な判断がしにくくなり当然失敗しやすくなります。

投資信託を理解して、うまく活用しよう

投資信託は、初心者でも少額で手軽に始められ、運用をプロに任せられる投資商品です。さまざまな種類があるため、自分がどんな投資をしたいのかよく考えて選びましょう。

実際に運用をスタートさせて初めて「そういうことか」とわかることもあります。そのため、まずは練習がてら、気になった投資信託を消えても気にならないくらいの金額で購入して試してみてはいかがでしょうか。