「平均以上の富を手にするためにはリスクが付きもの」と頭では理解していても、気持ちがついていかないという人は少なくないだろう。誰でも極力失敗は回避したい。金銭が絡むとなると、なおさら慎重になるのは当然だ。

しかし、必要以上にリスクを恐れて受け身のアプローチから抜け出せないのは、「正しいリスクの取り方」を理解していないことが原因かもしれない。富裕層への近道は、正しいリスクの取り方にかかっているといっても過言ではない。

目次

  1. 富裕層になるためには正しいリスクを取る必要がある
  2. 富裕層になるために必要な「正しいリスクの取り方」
  3. 必要なことは「リスクのデューデリジェンス」
  4. リスクとの付き合い方を見直してみる

富裕層になるためには正しいリスクを取る必要がある

富裕層,リスク
(画像=PIXTA)

「リスクなきリターンはない」という経済の原則があるが、これはリスク=不確実なものに勇気を出して挑戦することの見返りとして、リターン=利益を手にする可能性があるというものだ。裏を返せば、不確実なものに挑戦すらしないのであれば、求める利益が手に入らないということになる。不確実性が高くなるほど挑戦の難度が高くなり、その分成功したときに大きな利益が得られる。

この大きな利益を得ることこそ、富裕層でない人が富裕層になる上で必須の要素なのだ。例えば、リスクを最小限に抑えたいと考えて、5万円を株に投資したとする。5%上昇しても儲けはわずか2,500円だ。しかし、リスクを覚悟で500万円投資していた場合、儲けは25万円になる。その差は歴然だ。

自分のリスク許容範囲次第でリターンが大きく変わるのだから、ゼロから富裕層を目指す人にとって、大きなリスクを取ることは大前提になると言えるだろう。

同じことは金融商品への投資だけではなく、ビジネスにも該当する。失敗を恐れてリスクを回避してばかりいると、せっかくの大きなチャンスを逃してしまうこともある。結果を出したければ、ときには思い切った決断と行動が必要だ。

富裕層になるために必要な「正しいリスクの取り方」

だからといって、手あたり次第にリスクを取ればよいというわけではない。

世の中には、リスクが高くてもリターンが少ない案件が少なくない。例えば、超一等地に店舗を構えても、客足が増えて採算が取れるという保証はどこにもない。人気のエリアは余力のある企業がブランド力を高めるために採算度外視で出店することも多く、賃料の相場が経済合理性を超えて上昇することが珍しくない。したがって、超一等地に進出しても、客にアピールできる商品やサービス、ブランド力がなければ閑古鳥だ。

このように「リスクが高いのにリターンが少ない案件」をつかんでしまうと、富裕層への道は遠のくばかりである。正しいリスクを取り、成功も失敗もすべて成長の糧にすることが、富裕層への近道だ。

それでは具体的に、どのようにすれば正しいリスクを取ることができるのかというと、最初は少額投資などで小さなリスクを積み重ねて行き、経験値を積むとよいだろう。小さなリスクであれば失敗してもダメージが少ないため、「どうしても失敗が怖い」という人も、リスクの恐怖を克服しやすい。

また、失敗の原因を冷静に分析することで、自分の思考・行動パターンを把握し、次のチャンスに役立てることができる。

自分に合ったペースで経験値を積み、徐々にリスクを大きくしていけば、「気付かないうちに富裕層になっていた」ということも夢ではないかもしれない。

必要なことは「リスクのデューデリジェンス」

とはいうものの、リスクの大きさに関係なく、失敗ばかりだと自信を喪失してモチベーションも下がってしまう。そこで重視すべきなのが、「リスクのデューデリジェンス」の精度を高めることだ。

デューデリジェンス(Due Diligence)とは、投資対象として検討している企業の価値やリスクなどを調査することである。「ビジネス・デューデリジェンス(組織や財務活動の調査)」「ファイナンシャル・デューデリジェンス(財務内容などに基づくリスクの把握)」「リーガル・デューデリジェンス(登記事項を含む法的面の調査)」の3つがある。

投資やビジネスの意思決定にリサーチは欠かせないが、「今、○○の株が値上がりしているから」「皆が買っている銘柄だから」「流行りのビジネスだから」といった短期的なパフォーマンスや根拠の薄い情報だけを判断材料にすると、大きなリスクに変わりかねない。

しかし、デューデリジェンスに基づき多様な角度からリスクを調査・分析することで、投資対象に対する洞察が深まり「正しいリスク」を取りやすくなる。

また、富裕層を目指す際にもう一つ重要な点がある。それは、デューデリジェンスの精密度を高めた結果、リスクに見合う、もしくはそれ以上のリターンが望めそうであれば、ときには大きく張ることだ。ひたすら守りに徹するだけでは、思うようにお金を増やすことは難しい。

リスクとの付き合い方を見直してみる

人生はリスクの連続だ。しかし、ほとんどの人はリスクより安定を求めることが賢明な選択だと信じている。富裕層が人口の一握りしか存在しない理由は、実はそのあたりにあるのかもしれない。

「富裕層になりたくて努力しているのに報われない」と感じている人は、まずはリスクとの付き合い方を見直してみると、自分でも気が付いていない新たな発見に驚かされるかもしれない。