2021年10月28日、世界最大のSNSを運営するFacebookが社名をメタ(Meta)へと変更し、世界を驚かせた。既存のSNS・仮想現実(VR)事業と並行して、仮想空間「メタバース(Metaverse)」の構築に注力する意図だ。

同社が「未来のプラットフォーム」と称するメタバースとはいったいどのようなものなのか。次世代のデジタル空間を創造する可能性を大いに秘めた、新たな仮想世界に迫ってみよう。

目次

  1. ザッカーバーグが陶酔する「メタバース」とは
  2. エンタメからビジネスまで ジャンルの壁を払拭する「仮想世界」
  3. メタバース企業への転身狙うFacebook
  4. メタバースはスマホ時代の後継者?

ザッカーバーグが陶酔する「メタバース」とは

Facebook,社名変更,メタバース
(画像=PIXTA)

「メタバース」という造語が世界で初めて使われたのは、SF作家ニール・スティーヴンスンが1992年に発表した小説『スノー・クラッシュ(Snow Crash)』の中だった。

古代ギリシャ語の「メタ(超過した・高次の)」と英語の「ユニバース(宇宙・全人類)」の語幹を組み合わせたもので、仮想・拡張空間を意味する。当時はあくまで「ノンフィクションの近未来」として受け止められていたが、急速なテクノロジーの進化により現実味を帯び始めている。

メタバースの定義は広範囲にわたるが、国境や制限の存在しない仮想空間で、人々がそれぞれのアバターを介してリアルタイムに交流するというイメージが最も一般的だろう。

近年はオンラインゲームやソーシャルメディア、VRなどのデジタル環境内における仮想空間を示す用語として使われることが多い。具体的にはVRやAR(拡張現実)のデバイスを使って、仮想空間で人と交流したりゲームや買い物、イベント参加を楽しむ、あるいは会議や打ち合わせに参加するというイメージだ。

現時点においては既存の仮想空間との違いが曖昧ではあるものの、メタバースはVRやARといった先端技術を駆使し、まるで現実の世界と同じようにインタラクトできる空間を創造することで、既存の仮想空間を超過するという試みである。「空間」という限定された領域から一歩踏み出し、肉体などの物理的な制約にとらわれない新たな「世界」を創り出すというイメージだろうか。

コロナ禍で移動制限が続く現在、限りなく現実に近い仮想世界の中で「自由な社会生活」を実現させるための動きが加速しているのだろう。

エンタメからビジネスまで ジャンルの壁を払拭する「仮想世界」

メタバースの構想はエンターテイメントからビジネスまで、幅広い領域で急速に発展している。

ゲーム産業は比較的早い段階から、インターネット上でプレーヤー同士が交流できる2D仮想空間を提供するなど、VR・ARを含む最新技術を採用してきた。細かい定義にこだわらなければ、メタバースの先駆け的ジャンルといえるだろう。

興味深いのは、メタバースのコンセプトが拡大するに伴い、ゲームやSNS、あるいはビジネスといったジャンルの壁がなくなり始めている点だ。例えば、世界中で3億5,000人を超えるユーザー数を誇る人気オンラインゲーム『フォートナイト』を運営するエピックゲームズは、米人気シンガーであるトラヴィス・スコットやアリアナ・グランデの仮想ライブをゲーム内で開催した。

同社のティム・スウィーニCEOは、以前からメタバースへの関心を示しており、メタバースが「ある種のリアルタイム3Dソーシャルメディア」になり得る可能性を指摘してきた。

メタバース企業への転身狙うFacebook

冒頭で述べたように、メタ(旧Facebook)もメタバース分野への参入を新たな市場戦略に組みこんでいる企業の一つだ。

同社は2014年にVR企業オキュラスを20億ドル(約2,218億6,800万円)で買収するなど、これまでも「仮想空間とSNSの融合」というテーマに挑戦してきた。また、7月の四半期 報告の際には、今後は1兆ドル(約110兆9,300億円)を投じて、FacebookをSNS企業からメタバース企業に転身させる野望を明らかにしていた。

今回の発表は、まさに機が熟したとの決断によるものだ。ザッカーバーグCEOはFacebookとメタの事業を分割することについて、「自分たちが何者で、何を構築したいのかを反映するために、当社が行うすべてのことを網羅する新しいブランドを立ちあげる時がきた」と説明している。具体的には、メタバースで競合の一歩先を行く、未来のコミュニケーションツールを開発することが狙いだ。

分割に先駆け、2021年8月にはオキュラスのデバイスを介して、仮想空間上の会議やセミナーを開設・参加できるメタバースサービス「Horizon Workrooms(ホライゾン・ワークルーム)」を開始した。さしずめ、コロナ禍で需要が急拡大したWeb会議システムの仮想空間版である。

今のところ、Facebookを含む既存のサービスの名称が変更になる予定はないようだが、ザッカーバーグCEOは「将来的にはメタバース企業として認識されたい」と明かしている。

メタバースはスマホ時代の後継者?

「スマホ時代の後継者」としても期待されているメタバースだが、今後、実際にどのように発展していくのかは未知である。ザッカーバーグCEOいわく、スマホ全盛期の現在、よりリアルでインタラクティブなコミュニケーションツールが必要とされており、メタバースが「機能するテレポーテーションデバイスの次善策になる可能性」があるという。

日本でも同時期に、SNSを運営する「GREE(グリー)」がメタバース事業への参入を発表した。子会社REALITY(リアリティ)を介して配信するアバターライブストリーミングアプリで、アバターを作る楽しみとコミュニティ要素を前面に打ち出している。今後2~3年で100億円を投じて、グローバル展開を目指すという。

ビジネスや投資においては「次のビッグウェーブ」を見つけることが重要だ。メタバース分野も今後、投資領域として注目を浴びる可能性が十分にある。