概要

JCBゴールド法人カードは、年会費1万1,000円のゴールドカードです。従業員数などに応じて追加カードやETCカードを発行できるので、企業全体で便利に利用できます。

付帯サービスには、最高1億円の海外旅行障害保険やショッピング保険、国内主要空港のラウンジ無料利用サービス、グルメ優待、ゴルフ場手配サービス、ゴールドカード専用の問い合わせデスクなどがあります。

コンシェルジュサービスやプライオリティ・パスなどは利用できませんが、ビジネスに利用しやすい基本的なサービスがそろっているといえるでしょう。

年会費は一般カードよりも高くなりますが、追加カード分を含め全額経費計上できます。付帯サービスをどの程度利用するかに応じて選択するのがおすすめです。

年会費

JCBゴールド法人カードの年会費は、1万1,000円です。ただし、オンライン入会をすると初年度の年会費が無料になります。

年会費の水準は、三井住友ビジネスカード(ゴールド)や、NTTファイナンスBizカード ゴールド、三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネスなどと同一です。法人向けゴールドカードの年会費としては、一般的な水準だといえるでしょう。

追加カードは、使用者1名あたり3,300円、ETCカードは発行手数料と年会費どちらも無料です。

ポイント還元

JCBゴールド法人カードでは、1ヵ月の利用代金1,000円ごとに1ポイントのOkiDokiポイントが貯まります。これは、JCB一般法人カードと同様のポイント還元です。

ポイント優待が受けられるJCBオリジナルシリーズパートナーや、海外でポイント2倍といったサービスも、一般カードでも同じように利用できます。

ゴールドカードならではのメリットは、年間利用額に応じて翌年のポイントがアップする「JCB STAR MEMBERS」です。上限が一般カードよりも高く、年間300万円利用でポイント60%アップ特典が得られます。

とはいえ、ポイント還元だけを目的にJCBゴールド法人カードを利用する必要性はそれほど高くないでしょう。

特典・付帯サービス

JCBゴールド法人カードを持っていると、国内の主要空港とハワイホノルルの空港でラウンジを無料で利用できます。追加カードでもラウンジが利用できるので、出張などの際に役立つでしょう。

また、海外旅行傷害保険は最高5,000万円が自動付帯で、旅行代金の決済にカードを使えば最高1億円の補償が受けられます。

さらに、対象店舗での利用が20%オフになるグルメ優待サービスや、ゴルフ場の手配をおこなってくれる「ゴルフエントリーサービス」などの接待に役立つサービスも利用可能です。

会計ソフトとの連携サービスや、追加カード、ETCカードの発行といった基本的なサービスも網羅的に提供されています。特にETCカードは、無料で発行できてWEBから利用履歴の確認ができるので、従業員の経費管理にもおすすめです。